アメリカ/イギリス 2018監督 ジャウマ・コレット=セラ原案 バイロン・ウィリンガー、フィリップ・デ・ブラジもー、どんだけリーアム・ニーソン好きなんだよ!と、思わずセラ監督につっこみたくなる両者4度目のタッグ、でもっておなじみサスペンス調のアクションです。最 ...

チェコ/スイス/イギリス/アメリカ 2018監督 マイケル・アプテッド脚本 ピーター・オブライエン昨今、はやりの女スパイもの。今作の主人公はノオミ・ラパス演じるCIAの凄腕尋問官で、テロ阻止のためにしばらく離れていた現場に復帰したらいつの間にやらあらぬ疑いをかけ ...

アメリカ 2018監督 デヴィッド・リーチ脚本 レット・リース、ポール・ワーニック、ライアン・レイノルズさて、一作目はそれほど高く評価してなかった私ですが、予想外にも2作目で息を吹き返してきましたね、このシリーズ。こりゃやっぱり監督のデヴィッド・リーチの手腕に ...

1971年初出 望月三起也大都社 上、下マンモス団地に越してきた未亡人に惑わされる住人たちのデタラメな大騒ぎを描いたホームコメディ。作者にしては珍しく警察も犯罪者も登場しない非アクション系の作品です。どうも望月三起也はすっとぼけてるけど純真なグラマーがお好き ...

イタリア/フランス 2017監督 パオロ・ヴィルズィ原作 マイケル・サドゥリアン認知症を患う夫と、末期ガンで余命いくばくもない妻の思い出を巡る旅を描いたロードムービー。もう見る前から「こりゃどう考えたって救いはねえな」って感じなんですが、まあ、大方の予想どうり ...

ドイツ/オーストリア 2017監督 ステファン・ルツォヴィツキー脚本 マーティン・アンブロシュ自宅アパートで偶然殺人を目撃してしまった女の、犯人から狙われる恐怖を描いたサスペンス。最初は最近流行りの「リベンジもの」なのかな?と思ったんです。いわゆるアイ・スピッ ...

アメリカ 2018監督 ルッソ兄弟脚本 クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー全世界で空前の大ヒットを記録したアベンジャーズ・シリーズの第3弾。マーベル・シネマティック・ユニヴァースの作品としては19作目の作品にあたり、ブラックパンサー(2018)の ...

アメリカ 2018監督 スティーブン・スピルバーグ原作 アーネスト・クラインどうでもいい話なんですが、私はこの映画、LADY PLAYERだとずっと思ってました。ほほう、主人公はきっと女性なのだな、などと勝手に得心したり。違った。READY PLAYER ONEだった。準備はいいか?一 ...

イギリス 1962監督 テレンス・ヤング原作 イアン・フレミングスパイアクションの金字塔、007シリーズの記念すべき第一作。2010年頃から再びスパイものが脚光を浴びている昨今ですが、やっぱりスパイといえばジェームズ・ボンドなわけで、007なくしてキングスマンもレッド ...

アメリカ 1987監督 メル・ブルックス脚本 メル・ブルックス、トーマス・ミーハン、ロニー・グレアムニューヨークの喜劇王、メル・ブルックスが仕掛けたスター・ウォーズのパロディ映画。もう、ほんとにバカだなあ・・・としか言いようがないですね。こういうのって、やっ ...

アメリカ 2017監督 ロビー・ブライアン脚本 ロバート・T・ロー突然拿捕され、密室に閉じ込められた男女6人に「生き残りたければ犯した罪を告白せよ」と謎の人物が迫るシチュエーション・スリラー。いやね、12人の怒れる男(1954)みたいな密室心理劇なのかな?と思って手 ...

アメリカ 2003監督 ジェームズ・マンゴールド脚本 マイケル・クーニー嵐の夜、偶然モーテルに居合わせることになった11人の男女の惨劇を描いたスリラー。まあ、はっきり言ってしまうなら既視感たっぷりの、ありがちな設定であることは疑いようもありません。懲りもせずま ...

アメリカ 1986監督、脚本 デヴィッド・リンチデヴィッド・リンチと言えば必ず名前の上がる一作ですね。当時はカルト映画扱いする人も大勢いましたが、今改めて見ると、それほどでもない、というのが正直なところ。筋立てはおおむねサスペンス。特に仰天のオチが待ち受けて ...

ソビエト 1962監督 パヴェル・クルシャントセフ脚本 パヴェル・クルシャントセフ、アレクサンドル・カザンチェフ旧ソビエトで初めて宇宙を舞台にして撮られたSF映画。かのキューブリックが2001年宇宙の旅(1968)を撮影するにあたって参考にした映画、なんて言われてます ...

ここからは歩きです。山小屋風のロッジがあるが、もちろん無人。写真が小さいのでわかりにくいと思うんですが、中腹にヘリポートがありますね。滋賀県側からも登山道が整備されてるみたい。なんか荒れてる感じではあるけど、これまでの悪路を振り返るならこの程度の損壊、も ...

7月中旬頃だったと思うんですが、京都市左京区にある峰床山に登ってまいりました。目的地は八丁平という高層湿原。近畿地方では珍しい環境にある盆地状の谷間らしいです。余所ではあんまり見られない60科107属150種にも及ぶ湿性植物が確認されている、学術的にも貴重な場所だ ...

カナダ/イギリス 2015監督 アレクサンドル・アジャ原作 リズ・ジェンセン9歳の誕生日を迎えるまでに8度の生死に関わる大事故を経験した少年ルイの、9度目の不運を描いたサスペンス。いや、ちょっと待て、9歳になるまでに8回死にかけた、ってどれだけついてないんだよ!と ...

イギリス/アイルランド 2017監督 ヨルゴス・ランティモス脚本 ヨルゴス・ランティモス、エフティモス・フィリップさて、この映画の感想をどう書くべきなのか、非常に悩む自分が居たりするんですが、まず最初に言っておきたいのは「最後まで見ても意味不明だよ」ってことで ...

韓国 2001監督、脚本 キム・ギドク民間人を誤って射殺してしまった兵士の転落を描いた一作。まず、私が興味深かったのは南北軍事境界線を守る兵士が、地域住民からどういう目で見られているのか、という点でしょうか。やっぱり日本で暮らしてると、北朝鮮と韓国の国境沿い ...

ハンガリー/ドイツ 2017監督 コルネル・ムンドルッツオ脚本 カタ・ヴェーベル銃撃されたことをきっかけに、空中浮遊の能力を得た少年の逃避行を描いた作品。この作品が独特なのは主人公の少年がハンガリーに密入国をくわだてたシリア難民である、という設定でしょうね。つ ...

アメリカ 1979監督、脚本 ドン・コスカレリ不気味で人間離れした霊園の管理人と少年の対決を描いて人気を博した、知る人ぞ知るカルトホラー。予想外にヒットしちゃったものだから、同名のシリーズが現時点で5作目まで作られてます。ほとんど監督であるドン・コスカレリのラ ...

7月の初旬ぐらいのことだったかと思うんですが。部屋に居ててもクーラー効かなくて暑いし、もうこれは逆に外へ出てしまおう、と思い立ちまして。そして山へ行こう、と。山はきっと樹木が暑気を吸ってくれて涼しいぞ、と(最近はそうでもないことを全く学んでない私)。仮に登 ...

スペイン 2017監督、脚本 サドラック・ゴンサレス=ペレヨンこの映画あらすじをなんと説明すればいいのか、非常に悩む自分が居たりするんですが、断言しましょう、この作品はキテます。なんだかもう、不条理ホラーの佇まいさえあったりするんですが、実はホラーでもなんで ...

フランス/ベルギー 2016監督、脚本 ジュリア・ディクルノーベジタリアンとして育てられた少女の、肉食への渇望をエキセントリックに描いた作品。裏テーマは、大人になりつつある少女の「性への目覚め」と言ったとことでしょうか。序盤、獣医学部の寄宿舎に入寮して環境が変 ...

アメリカ 2017監督 アレクサンダー・ペイン脚本 アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー来るべき将来の人口爆発問題を懸念し、人間を1/14に縮小する技術が実用化された世界を描く一作。ぶっちゃけネタそのものに新鮮味はないように思います。映画は言うにおよばず、ミク ...

アメリカ 1977監督、脚本 ウェス・クレイヴン「エルム街の悪夢」「スクリーム」で名を挙げたウェス・クレイヴン初期のホラー。後年、アレクサンドル・アジャが原題「ヒルズ・ハブ・アイズ」のタイトルでリメイクしたことでも有名。ていうかなんで邦題が「サランドラ」なん ...

アメリカ 2016監督、脚本 コーエン兄弟1950年代のハリウッドにおける映画製作の内幕を描いたコメディ。この映画を見るにあたってまず必須なのは、当時のハリウッドであり、しいてはアメリカ社会がどんな風だったのか、予備知識として知っておくことでしょうね。そこが曖昧 ...

ポーランド 2015監督 アグニェシュカ・スモチンスカ脚本 ロベルト・ボレスト物語の下敷きとなっているのはアンデルセン童話の人魚姫でしょうね。ディズニー映画等でよく知られた人魚姫ではなく、残酷で救いのない原作の方。そこに猥雑さや下世話さ、少しばかりのエログロ ...

アメリカ 2018監督 クリント・イーストウッド脚本 ドロシー・ブリスカル2015年、フランスの高速鉄道で発生した銃乱射テロ事件を題材に、その凶行を阻止したアメリカ人青年3人の英雄的行為を映画化した実話もの。3人の主人公及び、乗客の多くを事件に遭遇した実在の人物で ...

アメリカ 2018監督 フランシス・ローレンス原作 ジェイソン・マシューズロシアのスパイ養成機関「スパロー」に育てあげられた女スパイの暗躍を描くサスペンス。昨今、大流行りなスパイものですが、この作品の切り口が面白いのはロシアを舞台に、ロシアのスパイを描いてる ...

↑このページのトップヘ