1970~72年初出 辰巳ヨシヒロ青林工藝舎<収録短編>地獄はいってます男一発さそり飼育東京うばすて山いとしのモンキーグッドバイ貸本漫画時代から活躍し、漫画を初めて「劇画」と提唱したことで有名な作者の代表作を集めた短編集。2010年にシンガポールのエリック・クー監 ...

2015年初出 石川優吾小学館ビッグコミックス 1巻(全6巻)ある日目覚めたら、体が昆虫サイズにまで縮んでいた女子高生のサバイバルを描いたSF。タイトルのワンダーランドから察するに、下敷きとなっているのは「不思議の国のアリス」っぽいですが、1巻の段階ではそれっぽい ...

2004年初出 宮下裕樹小学館サンデーGXコミックス 全12巻対犯罪用汎用兵器部隊、通称ギンセイのプロトタイプとして作られた自立型ロボット警官、モンジュの活躍を描いたSFコメディ。ああ、これは細野不二彦の系譜だ、と思いましたね。「現実世界に異物を放り込んでドタバタ ...

2002年初出 小田扉太田出版FXコミックス主にMANGA EROTICS Fに掲載された短編を「女ロワイヤル」「男ロワイヤル」にカテゴリ分けして収録した作品集。団地ともお以前に描かれたものがほとんどですんで、初期の作品群、と言っていいのかもしれませんが、これが思いのほか悪く ...

2009年初版 駕籠真太郎コアマガジンあのエログロ猟奇漫画家の駕籠真太郎がミステリを描いた、と聞いて読んでみた一冊。こういっちゃあなんですが、まともな漫画を描くのはハンニャハラミタ以来じゃないのか?などと興味深くページをめくってみたんですが、いや、驚いた。普 ...

2015年初出 押切蓮介幻冬舎バーズコミックス齢80を超えたばあさんがクトゥルフ神話ばりの怪物相手に壮絶な戦いを挑むアクション・ホラー。まあしかし押切蓮介はこういうの好きですよね。着眼点は悪くないと思うんです。すでにサユリでやらかしたパターンと似通った手口だっ ...

2017年初出 小川幸辰エンターブレインHARTAコミックス 全2巻山間部の集落に伝わる民間伝承を題材に、人でありながら人類とは異なる種の存在を描いた伝奇SF。至極簡略化して言ってしまうなら「各地に伝わる河童伝説はマジだった!」みたいなお話なんですが、そこは小川幸辰 ...

1968年初出 石ノ森章太郎双葉文庫70年代に放映されたテレビドラマ「好き!すき!魔女先生」の原作として名の知られた一作。ただ、テレビドラマは学園ファンタジー風に大きく内容を改変しているようです。共通しているのは新たに赴任してきた女教師が超能力の持ち主だった、 ...

アメリカ 2016監督 ウォルター・ヒル脚本 ウォルター・ヒル、デニス・ハミルマッドドクターに女性へと強制的に性転換手術された殺し屋の復讐を描いた作品。まあ、深く考えるまでもなくアホです。何が?ってプロットそのものが。グラインドハウスか、はたまた70年代のロジ ...

1994年初出 小川幸辰講談社アフタヌーンKC 全3巻隠れたバイオロジカルホラーの傑作と呼ばれ、後にエンターブレインから新装版も出た一作。ぶっちゃけ絵はあんまりうまくないです。正直言うと、あんまり好きになれない絵柄。ただ、それをも差し置いて、物語の切り口、筋立て ...

2015年初出 米代恭小学館ビッグコミックスピリッツ 1巻(以下続刊)地球外生命体の侵略を受ける地球を舞台に、異星生物と戦う防衛軍の兵士たる「先輩」と主人公カノンとの許されざる恋路を描いたSFラブロマンス。この作品が独特なのは先輩が妻帯者であるにも関わらず、カノ ...

2008年初出 遠藤浩輝講談社イブニングKC 全19巻連載開始当時はなんとも意外な方向へシフトしたな、って感じでしたね。まさかEDENの次の作品が格闘ものだなんて、予測すらしてませんでしたし。遠藤浩輝は多分、ずっとSFを描いていくんだろうな、なんて漠然と思ってた。作者 ...

1997年初出 新井英樹小学館ヤングサンデーコミックス 全14巻一部で熱狂的人気を誇る作品。殺人に対する禁忌が存在しない主人公モンの気ままな殺戮道中と、謎の巨大生物ヒグマドンに町を蹂躙される悪夢を描いたディザスターもの的狂乱劇を掛け合わせたような内容なんですが ...

アメリカ 2008監督 ティムール・ベクマンベトフ原作 マーク・ミラー、J・G・ジョーンズ2003年に発売されてカルト的人気を博したグラフィック・ノベルを映画化した作品。ナイト・ウォッチシリーズでロシアの興行記録を塗り替えたベクマンベトフ監督の、ハリウッド進出作で ...

突然ですが、私がSNS等を通じてこれまでやってきたネタのまとめをブログでやってみようかな、と。あちこちに分散してるんで「なぜそうなってるのか意味がわからない」という人も居るんじゃないか、と思いまして。私のネタって、たいてい前回から続いてますから。知ってもらう ...

アメリカ 1995監督 キャスリーン・ビグロー脚本 ジェイムズ・キャメロン、ジェイ・コックス猟奇殺人の犯人を追う元刑事を描いた近未来SF大作。ま、近未来とはいってもこの映画が制作された1995年の時点で想像する「ありえたかもしれない1999年」が舞台になってますんで、 ...

アルゼンチン/スペイン 2016監督 マリアノ・コーン、ガストン・ドゥプラット脚本 アンドレス・ドゥプラットノーベル文学賞を受賞し、世界的な知名度を有する小説家が40年ぶりに帰った故郷である小さな町にて巻き込まれる騒動を描いた作品。コメディといえばコメディかもし ...

フィリピン 2016監督、脚本 ラヴ・ディアス無実の罪で30年間投獄されていた女の求償を描いた作品。文豪トルストイの短編「神は真実を見給ふ、されど待ち給ふ」から着想を得た作品らしいんですが、私はトルストイの本なんて触ったこともないのでなにをどう換骨奪胎したのや ...

イギリス/ギリシャ 1967監督、脚本 マイケル・カコヤニスわずかな数の島民がほそぼそと暮らすギリシャの小島に、小型核兵器を積んだ軍用機が墜落したことによって巻き起こるドタバタを描いたブラックコメディ。背景にあるのは言うまでもなく、世界大戦後に険しさを増してい ...

アメリカ 2016監督、脚本 ライアン・グレゴリー・フィリップス外宇宙から発せられていると推察される短波信号を聞くことによって、何故か過去を追体験する女を描いたSF。えー結論から書いてしまいますが、色々混沌としてます。まず言えるのは、物語を筋道立てて起承転結と ...

アメリカ 2016監督 ブラッド・ペイトン脚本 ロニー・クリステンセンぶっちゃけ前半の展開はめちゃくちゃ面白かったですね。主人公は自動車事故のために車椅子生活を余儀なくされたエクソシストなんですが、この男、エクソシストと通称されてはいるものの、宗教的な悪魔祓 ...

カナダ 2016監督、脚本 ナチョ・ビガロンドアイディアそのものは面白かった、と思います。ある特定のエリアに主人公グロリアが侵入すると、なぜかソウルに巨大怪獣が出現し、しかもその動きがグロリアとシンクロする、という発想はいい意味でばかばかしくてオチの読めない ...

<この記事からの続きです>えー竹生島からの帰りに黒壁スクエアに寄る、という選択肢もあったんですが、やはり私が行くのならもっと泥臭いというか野趣あふるる場所だろう、と思い、チョイスしたのがここ。滋賀県米原市に位置する標高1377mの霊峰。日本書紀には、ヤマトタ ...

うねうねと石畳を進んでいくと・・・。都久夫須麻神社の龍神拝所に出ました。「かわらけ投げ」が有名ですね。拝所の中はこんな感じで。拝所から琵琶湖を望むと、このように鳥居がありまして。鳥居に向かって小皿みたいなのを投げて、うまくくぐらせることができれば龍神様が ...

せっかくGWなんでちょいとお出かけしてしてまいりました。今回の目的地はこちら。琵琶湖の北にポッカリと浮かぶ全周2キロの小島、竹生島。古来より信仰の対象となった島で、その起源は奈良時代の行基上人にまで遡るとか。現在は宝厳寺と都久夫須麻神社が存在するだけで、人は ...

イタリア 2004監督 ダリオ・アルジェント脚本 ダリオ・アルジェント、フランコ・フェリー二しかしまあデス・サイトって、なんとも安直な邦題だなあ、とつくづく思いますね。ソウ(2004)が大ヒットしてた頃ですしね、人気に便乗したかったのかなあ、などと勘ぐってしまい ...

アメリカ 2012監督、脚本 ロブ・ゾンビ魔女狩りで有名なマサチューセッツ州セイラムを舞台に、およそ三世紀を経て蘇る魔女の呪いを描いたホラー。主演はおなじみロブ・ゾンビ監督の嫁、シェリ・ムーン・ゾンビ。すでに監督デビュー作から数えて通算5作目ですが、毎回必ず出 ...

アメリカ 2013監督、脚本 コーエン兄弟実在したミュージシャン、デイヴ・ヴァン・ロンクをモデルに、60年代ニューヨークに生きた売れないフォークシンガーを描いた一作。さて、モデルであるデイヴ・ヴァン・ロンクですが、私は名前すら知らない有様でして。もともと海外の ...

アメリカ 2007監督 ウェス・アンダーソン脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン相も変わらず延々すっとぼけた調子でいかにもウェス・アンダーソンらしい、とニヤリ。仲違いしてた三兄弟が絆を取り戻すためにインドを旅する物語なんで ...

ロシア 2006監督 ティムール・ベクマンベトフ原作 セルゲイ・ルキヤネンコ、ウラジーミル・ワシーリエフロシアで空前の大ヒットを記録したナイト・ウォッチ(2004)の続編。いわゆる光と闇の戦いを描いた古いタイプのSFファンタジーなわけですが、今回は、はからずも息子 ...

↑このページのトップヘ