デンマーク/ドイツ/スウェーデン/ノルウェー 2016監督 ハンス・ペテル・モランド原作 ユッシ・エズラ・オールスン特捜部Qシリーズ、第三弾。今作より、監督がミケル・ノルゴートより、ハンス・ペテル・モランドへバトンタッチされてます。なのにあまり作風に変化がない、 ...

デンマーク/ドイツ/スウェーデン 2014監督 ミケル・ノルゴート原作 ユッシ・エーズラ・オールスン特捜部Qシリーズ、第2弾。今作より、特捜部Qが正式な部署として発足しますが、事務のお姉ちゃんが一人増えただけであまり前作となにかが変わった印象はなし。作中ではお姉ち ...

2009年初出 久慈光久エンターブレインビームコミックス 全8巻14世紀初頭のアルプス山脈を舞台に、オーストリアの圧政に対する森林同盟三邦の独立を求める戦いを描いた歴史大作。タイトルの「狼の口」とはアルプス山脈ザンクト・ゴットハルト峠に設けられたオーストリアが管 ...

デンマーク 2013監督 ミケル・ノルゴート原作 ユッシ・エーズラ・オールスン2007年に発表されて以降、シリーズ化されるほど人気を博したベストセラーの映画化。もう、結果から先に書いてしまいますが、やたら面白いです、この作品。ぶっちゃけね、格別目新しいことは何も ...

ドイツ 1919監督 ロベルト・ウィーネ脚本 ハンス・ヤノヴィッツ、カール・マイヤーあらゆるホラー、スリラー映画の原点と言われる一作。淀川長治氏の解説によると、ドイツ表現主義の代表的作品とのこと。ドイツ表現主義ってのが私はよくわからないんですが「ヒトラーがド ...

アメリカ/イギリス 2016監督 コーム・マッカーシー原作 M・R・ケアリーいわゆるゾンビもの、と言って問題ないかと思うんですが、この作品が独特だったのはゾンビが蔓延する終末的世界において、ゾンビウイルス(作中では真菌感染症と定義づけられてますが)に感染した母親 ...

先月、台風18号が本州を縦断した時の話である。 風雨が叩きつけるように窓をうつ夜。 なぜだがわからんが猛烈に銭湯に行きたくなった。 良識ある方なら「台風が通り過ぎてから行くか。わざわざこんな夜に出かけるのもなあ、危ないしきっと早仕舞いしてるよ、今日はどこも」と ...

学生の頃、舞の海と呼ばれる女子が居た。もちろんあだ名である。本当は違うあだ名だったんだけど、それを書いて「あっ、あいつのことか!」と特定されないとも限らないので、この場ではあえて舞の海と呼称することにする。私の感覚ではそちらのほうが妥当な気さえするので、 ...

ベルギー 2016監督 エリク・ヴァン・ローイロフト(2008)がベルギー国内で爆発的大ヒット、2014年にはハリウッドリメイクも手がけたエリク・ヴァン・ローイ監督作品。家族を人質に取られ、首脳会談のさなかにアメリカの大統領を殺すことを強要されるベルギー首相の苦悩を ...

注:このお話は創作です。<scene1>ー私は壊れたガスコンロの代わりを探していた。発端はただ、それだけのことだったのだ。「いらっしゃい」 申し訳程度の接客。 店の奥に陣取った禿頭の店主らしき中年男はこちらを見向きもせずなにやら机の上で電卓をはじいている。 ・ ...

アメリカ 2017監督 ダニエル・エスピノーサ脚本 レット・リース、ポール・ワーニック火星で採集してきた砂の中に単細胞生物を発見して色めき立ったはいいが、培養していくうちに凶暴化してあら大変!って映画。ぶっちゃけね、まだやるのか?この手のネタで宇宙SFを?の一 ...

アメリカ 1968監督 ドン・シーゲル原作 ハーマン・ミラー主演のクリント・イーストウッドが、マカロニウエスタンなガンマンから一匹狼なはみ出し刑事へとイメージを変えるきっかけになった作品。あちこちで言われてますが、まさにプレ・ダーティ・ハリー。テキサスからニ ...

スペイン 2016監督 マル・タルガローナ脚本 オリオル・パウロ少年の誘拐事件に端を発する予想外のトラブルを描いたサスペンス。「ロスト・ボディ」「インビジブル・ゲスト」のオリオル・パウロが脚本を務めてますんで、否が応にも大どんでん返しへの期待が高まるわけです ...

アメリカ/コロンビア 2016監督 グレッグ・マクリーン脚本 ジェームズ・ガンこれが秀逸なのかどうかは別として、邦題が内容のすべてを語ってますね。仕事中、突然社屋の窓という窓、出入り口の全てにシャッターが降りる。見知らぬ誰かのアナウンスが流れ出し「これから2時 ...

アメリカ 2017監督 パティ・ジェンキンス脚本 アラン・ハインバーグまあ、こんなものかな、と。ガル・ガドットが主演をつとめてなければ大変な事になっていたのでは、と思わなくもありません。彼女の容姿端麗さにすべてが救われていた気がしますね。普通の女優さんがこの ...

少し前、なにげにテレビを見てたら所ジョージが司会で、山の中にぽつんとある一軒家へ行く番組をやってた。スタッフにその一軒家に関する前知識はない。googlemapで偶然発見した家らしきものに突貫取材する、というのが番組の趣旨。その回は2軒ほど、険しい山道を分け入り、 ...

1976年初出 石ノ森章太郎秋田漫画文庫 全4巻僻地に隠された空間転移装置によって、火星に移送された主人公の冒険を描くSFファンタジー。誰かがこれは石ノ森章太郎による「火星のプリンセス」だ、と評してましたが、ああ、そう言われればそうかも、って感じですね。まえがき ...

2004年発出 石川雅之講談社イブニングKC 1~10巻(全13巻)アニメやテレビドラマにもなったメジャータイトルなわけですが、実はそれほど熱心に読んではいない、というのが正直なところだったりします。やっぱりね、どこか「うんちくもの」になっちゃってるように私は思うん ...

ちゅーことでやってきましたエキスポシティ。万博公園の南側に位置する商業施設です。2階から覗き込んでる虎はなんなんだ。私が行ってみたかったのはここ「NIFREL」。2015年に開館した水族館で「生きているミュージアム」を標榜する施設。なにがどう従来型と違うのか、ちょっ ...

11月の初め頃なんですが、大阪府吹田市にある万博記念公園へ行ってきました。これまで周辺の道路は何度も車で往来してたんですけどね、実際に中に入ったのは今回が初めて。なんとなくね「輝かしい未来が僕達には待ち受けてるんだ」とみんなが信じてた頃の残滓に触れてみたか ...

ロシア 2017監督 フョードル・ボンダルチュク脚本 アンドレイ・ゾロタレフ、オレグ・マロヴィチュコロシア発の侵略SF。ある日突然町中に巨大な宇宙船が墜落してきて人々はパニック、けれどその後宇宙船はなんの反応も示すことなく、奇妙な小康状態が続く・・・というのが ...

アメリカ 2017監督 ヨハネス・ロバーツ脚本 ヨハネス・ロバーツ、アーネスト・リエラいわゆるオープン・ウォーター(2004)系の、ワンアイディアだけで勝負した海洋パニックもの。サメを安全に鑑賞するために檻の中に入ってダイビングする「シャークケージ・ダイビング」 ...

イギリス/フランス 2016監督 ベン・ウィートリー脚本 ベン・ウィートリー、エイミー・ジャンプマーティン・スコセッシが製作総指揮を努めたクライム・アクション。違法に大量の銃器を取引きしようとする現場で、ちょっとした行き違いから売り手側と買い手側で派手な撃ち ...

アメリカ 2017監督 アレックス・カーツマン原案 アレックス・カーツマン、ジョン・スペイツ、ジェニー・ルメットクラシックモンスターを現代によみがえらせる企画、ダークユニバースの第一弾作品。遡るならハムナプトラ(1999)を飛び越えて、そのオリジナルはミイラ再生 ...

カナダ 2009監督 ドゥニ・ヴィルヌーブ脚本 ドゥニ・ヴィルヌーブ、ジャック・ダヴィッツ1989年にカナダのケベック州モントリオール工科大学で、実際に起こった銃乱射事件をベースとした実話もの。女性ばかりを狙って28人を銃撃、うち14人が死亡しているという凄惨な事件 ...

2013年初出 伊藤潤二秋田書店少年チャンピオンコミックスエキストラもっと!一話完結形式の連作長編で、どっちかというとホラーギャグ。作者の場合、長編というだけで一抹の不安がよぎったりもするんですが、胸騒ぎは悪い意味で裏切りませんでしたね。土下座をすることで相 ...

初出 2009~2014 伊藤潤二朝日新聞出版社NEMUKIコミックス<収録短編>布団木造の怪富夫・赤いハイネック緩やかな別れ解剖ちゃん黒い鳥七癖曲美耳擦りする女新・闇の声潰談以来、8年ぶりとなるホラー短編集。才能というのは枯渇していくものなのだ、という誰もが認めたくは ...

南アフリカ/イギリス 2017監督、脚本 ジョー・ミアーレ謎の機械兵団に占領された世界で生き抜こうとする、記憶喪失の兵士と女医師を描いたSFアクション。はっきり言ってプロットはありがちです。ちょっと考えただけでも似たような作品は星の数ほど脳裏をよぎる。ところがど ...

オーストラリア 2016監督 ガース・デイヴィス原作 サルー・ブライアリー不意なアクシデントから国をまたいで生き別れとなった母子の再会までを描いた物語。ネットの弊害が声高に叫ばれがちですが、こういう作品を見ると、テクノロジーの進歩って素晴らしい!などと、70年 ...

ベルギー/フランス 2016監督、脚本 ダルデンヌ兄弟診療時間外の訪問者に居留守を使った女性医師の後悔を描いた作品。なんで後悔してるのか、というと、その訪問者がその後殺害されちゃったから。「あの時、私が扉を開けていればあの娘は死を免れたのに・・・」って訳です。 ...

↑このページのトップヘ