ベトナム 2014監督、脚本 ヌエン・クワン・ユンベトナム発のヒロイック・ファンタジー。いや、もっとストレートに、ベトナム産マーベル、もしくはDCコミック、と言った方が妥当でしょうね。そこはもうジャケットから想像するイメージそのままで、なんら裏切られることはな ...

アイスランド/デンマーク 2015監督、脚本 ダーグル・カウリ43歳にして初めて女性に恋をした不器用なおっさんの恋路を描いた作品。似たような題材の映画って結構あると思うんですが、この作品が他と違うのは、主人公であるフーシがデブでハゲで戦争オタクで内向的で、職場で ...

2009年初出 伊藤悠小学館ビッグコミックススペシャル 1巻(以下続巻)歴史改変ファンタジーというか、入れ替わりもの、というか。冒頭の展開はSFっぽい感触。悪霊と呼ばれる女戦士を主人公に据えるあたり、ヒロイックファンタジーがやりたいのかな、とも思う。でもきっと目 ...

2005年初版 佐藤大輔/伊藤悠集英社ウルトラジャンプコミックス 1~2巻(全5巻)小説のコミカライズ。佐藤大輔による原作は読んだことがないんですが、まあおおむね想像を裏切らぬ架空戦記ものかな、と。 剣牙虎を操る日本軍の独立部隊と言う設定はSFファンタジーっぽくて ...

アメリカ 1986監督 トビー・フーパー脚本 L・M・キット・カーソンいやーひどい。もー頭痛がしてくるほどひどい。ここまで不出来なB級ホラーを見たのはほんと久しぶりで、なんか鼻の奥がつーん、と激臭でしびれてくるような錯覚さえ覚えましたよ、私は。スラッシャームービ ...

アメリカ 2016監督 クリント・イーストウッド脚本 トッド・コマーニキ2009年に実際起こった旅客機不時着水事故を基とした実話もの。恐ろしく淡々と撮ってます。もうちょっと派手な演出とか意図的なドラマチックさに心砕いてもいいんじゃないか、ってぐらい飾り気がなくて ...

2012年初版 ムライ小学館IKKIコミックスこの短編集を言葉で説明するのはとても難しいんですが、一言でいうならファンタジックでシュール。非常に細かい線の神経質な描画が日本の漫画っぽくない雰囲気も醸してて、その独特の世界観は新時代の才能といえばそう言えなくもない ...

2014年初出 海人井槙小学館ビッグコミックスペシャルヒバナ中世的な封建社会を背景に、龍と呼ばれる異生物が存在する世界を描いたファンタジー。まあ、やりたいことはわかります。龍になにを透かして見てるのか、どんな役割をおわせたいのか、深く考え込むまでもなく、ああ ...

1983年初出 さいとうたかをリイド社 1~2巻(全34巻)俺に盗めぬものはない、と豪語する元公儀御庭番だった盗賊の活躍を描いた時代劇。まあ、簡単に言っちゃうなら江戸版ルパン三世(テレビアニメ)です。適度にゆるく、お色気ありの、つっこみどころだらけなのがよく似て ...

アメリカ 2006監督 ウォルフガング・ペーターゼン原作 ポール・ギャリコ海洋パニックものの大傑作、ポセイドンアドベンチャー(72年)のリメイク。よりにもよってポセイドンアドベンチャーか~、と思わず腕組み。いやね、そりゃオリジナルは72年作なんで色々古びてきてる ...

日本 2015監督 佐藤信介原作 花沢健吾国産のゾンビ映画としちゃあ、屈指の出来だったんじゃないか、と思います。とはいえ邦画ゾンビの系譜に詳しいわけじゃないんですけどね。なんかいくつかマイナーな作品があったように記憶してるんですが、タイトルすら思い出せない、 ...

イギリス/アメリカ 1985監督 トビー・フーパー原作 コリン・ウィルソンもう珍作としか言いようのない二線級のオカルトSF。けれど当時はその手のファンの間で結構話題になり、今も語り継がれてたりするんだからあなどれないというか、いい時代だったなあ、と目を細めてしま ...

アメリカ 1996監督、脚本 ウェス・アンダーソン精神疾患を患い入院していた主人公が、バカな友達にそそのかされて強盗をやらかしてしまうお話。アンダーソン監督の劇場デビュー作でもあります。ま、一言でいうなら初監督作から変。ロイヤル・テネンバウムズ以降の高い構成 ...

スペイン 1998監督、脚本 ペドロ・アルモドバルシングルマザーとして息子のために生きてきた女が、自分の過去をふり返る日々を経て、再び母として歩みだすまでを描いた再生の物語。主に焦点が当てられているのはマイノリティとして社会の片隅でささやかに生きる人たち。そ ...

アメリカ 1974監督 トビー・フーパー脚本 トビー・フーパー、キム・ヘンケルスラッシャームービーの礎となった作品として有名な一作。いまやド定番すぎて誰もやらない「アホな男女数人がパーティ気分で田舎に出かけたら、気の触れた殺人鬼がいて全員惨殺」を最初にやった ...

アメリカ 2011監督 ダンカン・ジョーンズ脚本 ベン・リプリー列車爆破テロの犯人を突き止めるべく、炎上8分前に何度も送り込まれる男の苦闘を描いたSFサスペンス。いわゆるタイムループもの(同じ1日、同じ瞬間が何度も繰り返される)と誤解されがちですが、厳密に言うと ...

2004年初出 伊藤勢講談社マガジンZKC 1巻(全9巻)夢枕獏の小説をコミカライズした作品。なぜよりにもよってこの作品なんだ?と疑問に思うところが私の場合、ありまして。どちらかというと氏の著作の中では本作、佳作の部類だと思うんですね。他にもっといい作品がいっぱい ...

1998 イギリス監督、脚本 ガイ・リッチー ガイ・リッチー監督のデビュー作にして出世作。怪しげなカジノで闇社会の大物に莫大な額の借金を背負わされた若造4人組が、返済を迫られ、ギャングの上前をはねることを計画、それぞれの思惑が交錯する様子、そして大金の行方を、 ...

アメリカ 2016監督 デニス・ガンゼル原案 フィリップ・シェルビーいかにもザ・ハリウッド、細けえことはいいから派手にドンパチやってぶっとばそうぜイヤー、レッツパーティタイム!ってなアクション映画である。まー、ジェイソン無双。向かうところ敵なし。疑いようもな ...

ポルトガル/フランス 2012監督 マノエル・ド・オリヴェイラ原作 ラウル・ブランダンポルトガルの巨匠、オリヴェイラ監督が御歳103歳でメガホンをとり、完成させた作品。は?103歳?と驚かれる方がほとんどだと思う。私も最初は誤植かと思った。監督の半分も生きてない私の ...

イギリス 2009監督、原案 ダンカン・ジョーンズ脚本 ネイサン・パーカー月の鉱物資源を掘削するため、単身月面世界で仕事に従事する男が遭遇する、奇妙な出来事を描いたSFスリラー。監督デビュー作であり、数々の新人賞に輝いた作品です。まあその、宇宙に1人きり、他天体 ...

デンマーク/カナダ/イギリス/ブラジル 2003監督 ニコラス・ウィンディング・レフン脚本 ニコラス・ウィンディング・レフン、ヒューバート・セルビー・Jr興行的に大失敗し、レフン監督を窮地に至らしめたいわくつきの作品らしいです。2015年、ようやく国内初DVD化。「無限 ...

イギリス 2015監督 ビル・コンドン原作 ミッチ・カリン郊外の一軒家でミツバチの世話をしながら余生を送る、御歳93才のシャーロック・ホームズの姿を描いた作品。当然ワトソン君も、ホームズファンなじみの登場人物もみんな鬼籍にはいっちゃってて周りには誰もいません。 ...

スペイン/フランス 2010監督 アグスティ・ビリャロンガ原作 エミリ・テシドール内戦後の1940年代スペイン、フランコ独裁政権による弾圧を背景に、階級社会の下層で翻弄される家族の姿を子供の視点から描いたサスペンス。オープニング早々、男が何者かに襲われ馬車ごと崖下 ...

アメリカ 2015監督 リード・モラーノ脚本 クリス・ロッシこの作品を見るにあたって、まず一番注意しなければいけないのは「衝撃の結末」などとキャッチコピーをうって、あたかもこの作品がサスペンスであるかのように印象づける配給会社の思惑だったりする。違うから。サ ...

ドイツ 2014監督 バラン・ボー・オダー脚本 バラン・ボー・オダー、ヤンチェ・フリーセま、プロットそのものがそれほど目新しくもない、ってのはまずある、と思うんです。現実では冴えないPCオタがハッカーの世界で無法を繰り返し、徐々に名を挙げていくが、調子にのりす ...

アメリカ 2011監督 サイモン・ウエスト原案 ルイス・ジョン・カリーノうーん、なぜステイサムのスター映画に仕上げなかったのか、と。私の疑問はその一点に尽きますね。メカニックと呼ばれる完璧な殺し屋の仕事ぶりを描いた作品なんですが、まずは何をさしおいてもメカニ ...

2002年初出 伊藤勢角川書店ドラゴンコミックス 全2巻近年読んだこの手のマンガの中では一番驚かされた作品。 よりによって角川からこんなド級の伝奇アクションがひっそり発売されていたなんて・・・。マンガ道、あまりに広大にて険し。実際のところコミックドラゴン(廃刊 ...

アメリカ 2004監督 ウォルフガング・ペーターゼン脚本 デヴィッド・ベニオフギリシャ神話におけるトロイア戦争を、原典にとらわれず、わかりやすく現代的に焼きなおした歴史巨編。はて?トロイア戦争ってなんのこと?と言う人も、さすがに「トロイの木馬」(ウイルスのこ ...

アメリカ 2005監督、脚本 ノア・バームバック両親の離婚を発端に、崩壊していく4人家族の姿をシニカルに描いた作品。自分本意で差別的な父親と、浮気相手との秘め事を平気で子供に話すようなタガのはずれた母親の間で翻弄される、16歳と12歳の男兄弟に焦点を当てて物語は進 ...

↑このページのトップヘ