2003年初出 小田扉小学館ビッグコミックス 1~23巻(以下続刊)実はつい最近までこの漫画、ちびまる子ちゃんみたいに昭和の小学生を描いてるのだ、と私は一方的に思ってました。違った。現代の団地住まいな小学生の日常を追ったギャグだった。なんだかものすごく違和感を感 ...

アメリカ 2015監督、脚本 レベッカ・ミラー人の旦那と恋仲になり、強引に略奪婚してみたものの、数ヶ月でうまくやっていけないことを悟り、なんとか元嫁と復縁させようとする主人公マギーの企みを描いたコメディ。あらすじを読む限りでは、あ、なんか面白そう、と思いませ ...

イタリア 1996監督、脚本 ダリオ・アルジェント連続レイプ殺人犯を追う女刑事の悪夢を描いたサスペンス。なにをどうしたかったのかよくわからない、というのが正直なところでしょうか。断片的に追うなら悪くないんです。スタンダール・シンドローム(絵画を見ていると絵の ...

韓国 2015監督、脚本 クォン・オグァン製薬会社の臨床実験の結果、頭部が魚に変貌してしまった男の悲哀を描く一作。いわゆる「治験バイトに行ったら副作用で魚人間になってしまった」っていう都市伝説みたいなネタが物語の核となるアイディアなわけです。え?ああはい、み ...

イギリス/アメリカ 2016監督 アリエル・ヴロメン脚本 ダグラス・クック、デヴィッド・ワイズバーグ殺害されたCIA局員の記憶を移植された男の混乱が描かれたSFアクション。最近じゃ似たようなプロットでセルフレスって映画がありましたよね。ま、早い話が題材に新鮮味はな ...

うむ、たしかに鐘はぶらさがっておりますな。これを鳴らす勇気はないけどな。余談ですが私がこの階段を登ろうと歩を進めると、展望台におられた若々しいカップルが憮然とした表情で私の脇をすり抜け、階下へと降りて行かれました。ごめん、ってば!展望台のピーク。絶景なん ...

予定では遊園地を冷やかした後、生駒市を散策するつもりだったんですが、1で書いたようにはからずもスカイライン終点までの料金を支払ってしまったんで、信貴山門ゲートを目指してそのまま南下することにする。途中にぽつん、とあった電話ボックス。スカイラインは歩行者通行 ...

歩き続けること数十分。額には玉の汗。傾斜が穏やかになってきたなあ、と思ったら突然目に飛び込んで来たのがこれ。・・・まだ安心はできない。安心はできないが、看板を見る限りではこの先に遊園地が。勝ったよ、ドラえもん・・。僕ひとりで、生駒山上遊園地の有料駐車場誘 ...

7月の中旬ぐらいなんですが、奈良県生駒市にある生駒山上遊園地に行ってきました。えー総数が把握できないほどの宗教団体施設が山のあちこちに建てられてることでも有名な生駒山ですが、今回はふもとから山頂目指して徒歩でアタックする気にはなれなかったんで、その手の怪し ...

アメリカ 2014監督 アドリアン・ガルシア・ホグリアーノ脚本 エリック・ストルツ盲目の退役軍人が、たった一人で襲い来る狼男軍団を迎え撃つアクション・ホラー!みたいな感じでプロモーションされてますけど、それを真に受けて見ると「なんか違う感」が結構強かったりし ...

アメリカ 2015監督 ショーン・ベイカー脚本 ショーン・ベイカー、クリス・バーゴッチまず驚きなのはiphone5s3台でこの映画を撮った、という事実でしょうね。そりゃちゃんとしたカメラじゃないからハレーション起こしてたり、時折ノイズや斜線がはいったりはしてるんですが ...

アメリカ 2016監督 シェーン・ブラック脚本 シェーン・ブラック、アンソニー・パガロッツィ70年代のロス・アンジェルスを舞台にした探偵もの。主演がライアン・ゴズリング演じるマーチでそのバディがラッセル・クロウ演じるヒーリー。マーチの娘である13歳のホリーも大人 ...

フランス/アメリカ 2015監督 ジェームス・ワトキンス脚本 ジェームス・ワトキンス、アンドリュー・ボールドウィンCIAのはみ出し捜査官が、スリで生計を立てている小僧を相棒に、爆弾テロ事件の犯人を追うサスペンスタッチのアクション映画。2015年という公開年を考えるな ...

アメリカ 2016監督 モルテン・ティルドゥム脚本 ジョン・スペイツ他天体に移住するために、巨大宇宙船にて冷凍睡眠状態で120年の旅路につくはずが、機器の故障で90年早く目覚めてしまった男の悲運を描いた作品。といっても内実は「青い珊瑚礁」とかあのあたりの、無人島で ...

この酷暑の最中、仕事のない日は一歩も外に出たくねえ、と自宅でクーラー三昧だったんですが、それも2日目となるとだんだん電気代が怖くなってきたので、山に行くことにしました。山なら下界より気温が低いだろうと。今回出かけたのは枚方市にある国見山。市が制定した枚方八 ...

2002年初出 伊藤潤二/木原浩勝、中山市朗メディアファクトリーMFコミックス<収録短編>隣の女草音墓相海岸ふたりぼっち朱の円現代百物語「新耳袋」を底本とし、ミミと言う名の少女が体験する連作怪異譚として改変、漫画化された短編集。新耳袋は私も好きなんで全部読んでま ...

オーストラリア 1988監督、脚本 アレックス・プロヤスプロヤス監督がオーストラリア時代に手掛けたデビュー長編。砂漠化した世界で、人力飛行機を飛ばそうとする車椅子の男と、その妹、逃亡者の男の3人の奇妙な関わり合いを描いた作品。ストーリーは至極シンプルです。逃亡 ...

スウェーデン 2015監督 ハンネス・ホルム原作 フレドリック・バックマン妻に先立たれ、職場からも解雇、生きる希望を失った孤独なじいさんと隣人たちの交流を描いた人間ドラマ。どちらかといえばありがちな題材でプロットです。人の言うことに耳を貸さず、口を開けば嫌味 ...

アメリカ 2009監督 ガイ・リッチー原案 ライオネル・ウィグラム、マイケル・ロバート・ジョンソンシャーロッキアンからは総スカンを食らったんじゃないかしら?と思えてくるほどに従来のホームズ像を根こそぎぶっこわした作品だと思います。頭脳明晰で紳士だが高慢なとこ ...

デンマーク 1996監督、脚本 ラース・フォン・トリアー職場で事故に遭い、首から下が全身麻痺状態に陥った夫と、その妻の愛の行方を描いた作品。ああ、トリアーはすでにこの頃から無私なる献身というか、自己犠牲の果てにたどり着く聖性みたいなものに囚われてたんだなあ、 ...

2004年初出 伊藤潤二小学館ビッグコミックス天才伊藤潤二がものの見事に足を滑らせて派手にすっ転んだ一作、と私は認識。巨大な遊星が地球に接近衝突する恐怖を描いた作品なんですが、何が失敗してるって、題材は間違いなくSFなのに、それを徹頭徹尾ホラーの文脈で語ってし ...

2017年初版 菅原キク徳間書店リュウコミックス 全2巻コミックアーススターに連載されていた「HOLY HOLY」に描き下ろしのエピローグを加えた新装版。お嬢様学校に通う良家の子女10数名が、船舶事故により名も無き無人島に流れ着くんですが、そこには人を襲う人外の化け物が ...

ロシア 2004監督 ティムール・ベクマンベトフ原作 セルゲイ・ルキヤネンコ当時、ロシアのマトリックス、と呼ばれた作品。まあ、罪なキャッチフレーズですよね。というのも、別段内容的にかぶってると思えないから、なんですが。マトリックスが仮想現実を題材としているの ...

アメリカ 2017監督 ジョーダン・ヴォート=ロバーツ脚本 ダン・ギルロイ、マックス・ボレンスタイン「空想娯楽活劇」といった風な、ちょっぴり古臭い言い回しがピッタリと当てはまる映画だな、と思いましたね。嵐に遮られた人跡未踏の島にヘリで乗り込む展開といい、巨大 ...

中国/香港 2016監督、脚本 チャウ・シンチーさしずめ、かの有名なアンデルセン童話「人魚姫」のコメディ・ヴァージョン、といったところでしょうか。もちろん現在のお話なんで、細かな設定に違いはあるんですが、人間と人魚姫の報われぬ恋を描く、というストーリーラインの ...

ブラジル 2011監督、脚本 アフォンソ・ポイアルチブラジル暗黒街のギャングから取引に使われる200万ドルをかっさらおうとする男の計略を、スリリングに描いたクライム・サスペンス。ブラジルのタランティーノ、なんて言われ方をしてるみたいですが、私の感覚ではこりゃ初期 ...

アメリカ 2015監督 ディート・モンティエル原案 アダム・G・サイモンアフガニスタンの紛争地帯から復員した海兵隊員を待ち受ける、不可解で奇妙な現実をスリラータッチで描いた作品。物語は、主人公ガブリエルが辿った現地派兵から帰国までの流れに挿入される形で、上官と ...

はい、岩の間をすり抜けるように進むのが正解でした。ちょっと荒れてきたぞ、道が。しかし全然人に会わんな。シーズンオフとはいえ閑散としすぎな気も。人が居ないんで遊んでみました。おお、山よ、大自然よ。ついでに心霊スポットよ。結局、誰とも会わず、およそ30~40分程 ...

梅雨入り前ぐらいなんですが、笠置山自然公園へ行ってきました。てっきりここ奈良県だと思ってたらギリギリまだ京都府だった。笠置山と言えば、後醍醐天皇が鎌倉幕府の倒幕計画を知って挙兵した山であり、遡るなら弥生時代から信仰の対象として崇められ、修験者の行場として ...

アメリカ 2007監督、脚本 ロブ・ゾンビ78年に発表されたジョン・カーペンター監督作「ハロウィン」のリメイク版。しかしまあロブ・ゾンビは本当にこの頃のスラッシャー・ムービーが好きなんだなあ、と。前作のマーダー・ライド・ショーもいうなれば悪魔のいけにえのリブー ...

↑このページのトップヘ