香港 2005監督、脚本 ウィルソン・イップブレイド2とか精武門とか色々ありますけど、広くドニーイェンの名を世界に知らしめたのはやはりこの作品ではないか、と。プロットはまあ、よくあるパターンなんです。巨悪に挑む熱血刑事、と言う図式。香港映画お得意のパターン。 ...

香港 1991監督 ジミーウォン脚本 リーホクンいやもう一体何から書いていいのか、つっこみどころが満載すぎて見当もつきません。オカルトホラー+カンフーアクション、といったところでしょうかね。カンボジアの古代神が出てくるあたり、伝奇ホラーと言ってもいいかもしれま ...

カナダ 2010監督、脚本 グサヴィエ・ドラン正直中盤ぐらいまでは立ち上がりが遅いなあ、なかなか話が進まないなあ、なんて思ってたんです。ドキュメンタリー風に、物語とは直接関係のない人物の独白がちょくちょくはさまれるのも、変に集中力をそがれて私はあんまり好きに ...

アメリカ 2014監督 ブレットラトナー原作 スティーブムーア元WWEのトップファイター、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソン主演のアクション大作。なぜか同じような時期にレニーハーリンがザ・ヘラクレスという邦題で似たような映画を撮ってますが、なんなんでしょう、ハ ...

チェコ共和国 2011監督 ヤン・フジェベイク脚本 ペトロ・ヤルホフスキー少女に対する性的暴行の嫌疑をかけられたリハビリ医を描いたサスペンス。非常に丁寧にリハビリ医の家族関係や周辺の人物が描かれていて、物語は真相を追いながら人物相関図も自然にわかる作りになっ ...

アメリカ 2013監督、脚本 マイケル・s・オヘダああ、アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴの柳の下を狙ったわけね、と言う感じで前半はそれほどおもしろかったわけでもなかったんです。これでヒロインを聾唖に設定するなんてあまりに鬼畜すぎるだろ、なんて思ったりもし ...

香港 1988監督 ユエンウーピン 若き日のドニーイェンが出てる、と知って見た1本ですが、いやもう、なんていうかひでえ、の一言ですね。70年代日本の刑事ドラマの粗悪な模倣品、といって全く間違ってない、と思う。見どころが全然ないんです、本当に。なにがどうダメか、と ...

韓国 1996監督、脚本 キム・ギドクキムギドクの長編デビュー作。なんというか「傷だらけの天使」を真っ先に思い出しましたね、私は。あの世界観、あの雰囲気。川沿いでテント生活の浮浪者みたいな男、鰐のもとに、突然転がり込んできた自殺未遂の女との心の交流を描いた作 ...

香港 2011監督 ピーター・チャン脚本 オーブリー・ラムこの内容で邦題「捜査官X」はないだろう、とやや憤慨。アクション映画ファンにアピールしたかったのかもしれませんが、「捜査官X」のタイトルで多くの人が想像する物語とはかけ離れていることは間違いないです。舞台 ...

アメリカ 2014監督 パトリックヒューズ原案 シルヴェスタースタローン今回も文句なしで痛快です。ああ、おもしろかったね、スカッとした、と見終わったあとに食事がすすむ1本に仕上がってます。このシリーズにあれこれ整合性やシリアスな緊張感を求める人は居ないと思うん ...

フランス 2013監督 ヤン・クーネン原作 ジャン=クリストフ・グランジェドーベルマンで名を馳せたヤンクーネンの久々の新作ですが、前作シャネル&ストラヴィンスキーと同様にかつてのやんちゃな面影は全くありません。至極真っ当にサスペンス。ただですね、この作品2枚 ...

イギリス 2014監督、脚本 デヴィッド・エアーこれは格別メッセージ性のない事がある意味メッセージになっていたりするのかな、と思ったりもしました。戦争映画、って重い印象を残すものが多いですが、本作に限っては私、なんかアメコミヒーローものでも見たあとのような感 ...

フランス 1997監督 ヤン・クーネン原作、脚本 ジョエル・ウサン当時、結構話題になり、ヤンクーネンって何者だ、と騒がれたのを記憶しています。大友克洋や押井守が好き、と公言していたようですが、私はどちらかというと小池一夫の路線か、と思ったりもしましたね。スト ...

インドネシア 2013監督、脚本 ギャレス・エヴァンススマッシュヒットを記録したザ・レイドの続編。ストーリーは前作から続いている形になってはいますが、別に見てなくても単体で充分楽しめます。前作は肉弾相打つ高層アパートからの脱出劇でしたが、今回は潜入捜査がテー ...

アメリカ 1978監督、脚本 メイル・ザルチ近年リメイクされて評判になり、2、3と続編が制作されているアイ・スピット・オン・ユア・グレイヴの原典。しかしまあタイトルがひどい。発情アニマル・・・って・・・。当時は内容の過激さから結局ポルノ映画館での公開になり、ほ ...

韓国 2012監督、脚本 キム・ギドクヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した作品。さすがのキム・ギドク、安定の1本、と言う感じですかね。普通におもしろい。実はそんなに目新しい印象のあるシナリオでもないんです。日本の70年代的なドラマツルギーが香る、というのもあ ...

メキシコ/フランス/ドイツ/オランダ 2012監督、脚本 カルロス・レイガダスシュールな前衛作品であるなら前衛作品であると最初に言ってくれないと、って感じですかね。ストーリーのつながらない断片的なシーンが幾重にも重なってさっぱりわけのわからないままエンディング。 ...

カナダ 2009監督、脚本 グサヴィエ・ドラン近年、若き天才、と注目されるグサヴィエドランの長編デビュー作。とてもじゃないですが、これだけの作品の脚本を17歳で書き上げて、19歳で監督したとは思えません。自分の10代の頃を振り返るとなおのことそう思います。私が一番 ...

インドネシア 2011監督、脚本 ギャレスエヴァンスイギリス人の新鋭監督であるギャレスエヴァンスが、たまたま訪れたインドネシアに惚れこみ現地で撮影したアクション映画。SWATと非合法組織の高層アパートにおける肉弾バトルを描いた作品なわけですが、まあシナリオはね、 ...

アメリカ 2014監督 スチュアート・ビーティー原作 ケヴィン・グレイヴォーグラフィックノベルを映画化した作品。原作は全く知らないのでどの程度の改変が映画で行われたのかわかりませんが、どちらにせよプロットの段階大変なことになってるのに気づけよ、というレベルだ ...

ブラジル 2002監督 フェルナンド・メイレレス原作  パウロ・リンス 70年代のブラジル、リオデジャネイロの貧困街に生きる子供達にスポットを当てた犯罪ドラマ。当時非常に話題になって、テレビシリーズも作られたりしました。物語の骨格としてはですね、かつての有名な ...

イギリス 2013監督 ケヴィンマクドナルド原作 メグ・ゾーロフ作品の原題はHow I live nowで、確かに直訳すると「わたしは生きていける」なわけですが、もうちょっと何とかならなかったのか、と。教科書並みに固い、と感じるのは私だけでしょうか。「アイアムレジェンド」 ...

韓国/アメリカ/フランス 2013監督 ポンジュノ原作 ジャン=マルクロシェット、ジャックロブフランスで大ヒットしたコミックを映像化した作品。とりあえず物語序盤はかなり辛いものがありました。温暖化対策に失敗して氷河期を迎えてしまった地球における人類の生き残りが ...

カナダ/フランス 2012監督 ファンソラナス脚本 ファンソラナス地球ではないどこか。「ロシュの限界」や「様々な物理法則」を真っ向から無視した2重連星でのラブロマンスを描いた作品。とりあえず絵はとてもおもしろいです。それぞれの惑星に住む男女が、お互いの星の重力 ...

トルコ/ボスニアヘルツェゴビナ 2011監督 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン脚本 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン、アルジャン・ケサル、エブル・ジェイランカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した作品。なんと言えばいいのかよくわからないのですが、なんとも不思議な映画でしたね。一応 ...

アメリカ 2014監督 スコットデリクソン原作 ラルフサーキ実際にニューヨーク市警の巡査部長であったラルフサーキの手記を元に映像化された作品。本当にこんなことがあったのかよ、と思って見ると臨場感たっぷりで驚愕の連続ですが、創作である、と考えて見るなら特に目新 ...

イギリス/アイルランド 2008監督 スティーブマックイーン脚本 スティーブマックイーン、エンダウォルシュ「それでも夜は明ける」で話題を独占したスティーブマックイーン監督の処女作。北アイルランド紛争で投獄された囚人達の待遇改善を求めた刑務所内での抵抗運動を描い ...

フランス 2014監督 アブデラティフ・ケシシュ原作 ジュリーマロカンヌ国際映画祭でパルムドール賞に輝いた作品。スピルバーグが「偉大な愛の映画」と絶賛したらしいですが、はあ、そうなんでしょうか、というのが私の率直な感想。同性愛を大胆に描いた作品として話題をさ ...

イギリス 2014監督、脚本 カラドッグ・ジェームズまあ「ブレードランナー」に最も近づいた映画、と言うのは褒めすぎかと。サイボーグでもアンドロイドでもなんでもいいんですけど、戦闘用人型兵器を題材にした作品、としてはなんら目新しい部分も新鮮味もなかったように思 ...

(1~4巻) 初出1975原作 池田悦子 作画 あしべゆうほ子供の頃、なぜか一生懸命読んでいた作品で、懐かしくて再読したんですが、いやー凄かった。もう、どこからつっこんでいいのか、わかんなくなってしまうぐらい強烈でした。ホラーテイスト濃厚なシリーズですが、子 ...

↑このページのトップヘ