1993年初出 垣野内成美講談社アフタヌーンKC 1~2巻(全4巻)人知れず雑木林の奥に存在する古びた病院で、偶然の出会いと語らいを提供する看護士風のお姉さんの摩訶不思議な物語。とりあえずファンシーです。ほとんど少女マンガ、と言っていいと思います。会おうと思うとな ...

フランス/カナダ 2013監督 ジャン=ピエール・ジュネ原作 ライフ・ラーセンカウボーイであることを人生の指針とする頑固一徹なオヤジと昆虫学者の母親の間に生まれた天才少年の、壮大な家出を描いた一風変わった作品。家出の目的地はスミソニアン学術協会。子供であること ...

1987年初出 田島昭宇角川書店 全5巻最初からメディアミックスすることを想定して、大塚英志原作で描かれた作品。なぜか単行本には大塚英志のクレジットがありません。はて?よくわかりません。小説、OVA、ラジオドラマ、 ビデオゲーム等、多岐に渡る展開があったようですが ...

アメリカ 1994監督 ジョン・カーペンター脚本 マイケル・デ・ルカホラー作家の書いた一冊の本が、あたかも預言書でもあるかのように現実を改変、侵食していく恐怖を描いたパニックホラー。これは現実なのか、それとも自分が狂っているのか、と葛藤する主人公の狂乱も見所 ...

1994年初版 水木しげる小学館ビッグコミックスゴールド 全4巻今はなきビッグコミックゴールドに連載されていた短編を集めたもの。水木先生ご健在、と言う感じですね。70代でこれだけ描ける、ということにまずは驚くべきかもしれません。 もうこの脱力感というか、やる気の ...

1992年初出 水木しげる講談社漫画文庫 著者の自伝。 怪異を頭ごなしに科学で否定せず、拝み屋ならではの論理体系で解いてみせるのんのんばあの存在が実に魅力的ですが、まあ、実話ベースですんでオチもなければ特にドラマ性もなく、ああ、そういうものなのかもしれないな ...

アメリカ 1986監督 デヴィッド・クローネンバーグ原作 ジョルジュ・ランジュランあまりに有名なSFホラーの古典「蝿男の恐怖」のリメイク。クローネンバーグといえばブルードといいビデオドロームといい、生理的に気持ち悪い絵を得意としてきた人ではありますが、本人が集 ...

1987年初出 水木しげる光文社コミックス悪魔くん千年王国の続編。さて、続編と言うからには、志半ばだった千年王国の樹立を第一義に再び悪魔くんは活動しなければならないはずなんですが、なんといいますか、精神性よりバトルもの、みたいな部分に大きく比重が割かれていて ...

1970年初出 水木しげる講談社KCスペシャル 全2巻水木しげるの「悪魔くん」シリーズはリメイクやらリテイクやら色々あって本当にややこしいんですけど、私が読んだのは当時の少年ジャンプに連載された原稿を講談社が再録、再刊行したもの。えーまず最初に貸本版の「悪魔くん ...

香港 2008監督 チン・シウトンなんだか寓話っぽいなあ、と思っていたら、中国の古い説話をモチーフにした作品だとか。とりあえずドニー出演作だから、と、いつもの派手な大立ち回りを期待するとしっぺ返しを食らいます。そういうシーンがないわけではないのですが、ドニー ...

1966年初出 水木しげる講談社マガジンKC 全2巻この作品も鬼太郎同様、シリアスな内容の貸本版があったり、壮大な構想を有した「悪魔くん千年王国」へプロットがリンクしてたりと、なにかとややこしいのですが、本作に限っては悪魔を使役する少年の活躍を描いた勧善懲悪もの ...

1965年初出 水木しげる中央公論社愛蔵版 全5巻テレビアニメ史上最多となる5回のシリーズ化を成し遂げた国民的作品なわけですが、漫画だけ読んでますとなにがそこまで人気を博した?と不思議な気持ちにならなくもありません。特に初期は結構怪奇色が強いです。アニメの目玉 ...

イギリス/アメリカ 1985監督 テリーギリアム脚本 テリーギリアム、トム・ストッパード、チャールズ・マッケオン邦題はなぜか未来世紀になってますが、作品のオープニングで「20世紀のどこか・・・」と字幕が流れますんで、未来と言うよりは80年代当時の仮想の現実を描いた ...

1988年初出 平野俊弘/垣野内成美秋田書店 1~2巻(全10巻)先にOVAとしての企画があり、その漫画化、と言う形で展開した作品。当時の女子高生を中心に人気を博した作品で、和的な佇まいの少女吸血鬼というキャラが目新しい、と話題になりましたが、要は運命に翻弄される美 ...

1993年初出 森本洋/うたたねひろゆき講談社アフタヌーンKC 1~2巻(全11巻)月を最初の舞台に、宇宙時代の人類を描いたSFアクション。ちょっとエッチでサービスも満点、ってな按配なんですが、やっぱりまあ特定の読者をターゲットにした作品だろう、と。上手にその手の層を ...

2013年初出 松橋犬輔集英社YJCX 1~2巻(以下続巻)非常に毒のある漫画だと思います。無実の罪を着せられて一家を惨殺された少女が、復讐のために1人の少年殺人鬼と契約する、という物語なんですが、さてこの作品、どこにカタルシスを見出せばいいのかという点と、どう ...

2012年初出 夏本満エンターブレインビームコミックス 1巻(全2巻)人にとりつく「ツカレ」を食う謎の「黒猫」を飼う保健室の先生の活躍を描いた、ちょっぴりホラーな学園ドラマ。設定は悪くないと思うんです。こういうライトな路線のファンタジックなオカルトってニーズが ...

1997年初出 伊東岳彦集英社YJCウルトラ 1~2巻(全3巻)人類が宇宙にまで版図を広げた未来、海賊を夢見て辺境の惑星でくすぶるアウトロー、ジーンの活躍を描いたスペースオペラ。もう、やりたいことは手にとるようにわかるんです。やや二枚目半なキャラの主人公を宇宙で ...

アメリカ 1988監督 ジョン・カーペンター原作 レイ・ネルソン異星人の秘密裏な侵略を描いたSFなんですが、ちょっとB級色が色濃いかな、と思ったりも。みんなつっこんでる、と思うんですが、街の看板やテレビの画像に隠されたサブリミナルな文字が見えて、なおかつ地球人に ...

1964年初出 石ノ森章太郎朝日ソノラマサンワイドコミックス 全2巻週間マーガレットや平凡、少女フレンド等、掲載誌をかえて断続的に連載された息の長い少女マンガ。ある特定の年代以上は妙に郷愁をそそるオープニングテーマが特徴的なテレビアニメを即座に思い出されること ...

アメリカ 1981監督、脚本 ブライアン・デ・パルマ80年代のデパルマ作品の中では最高に好きな1本。映画の音響係をつとめる主人公が、効果音を録音中、偶然出くわした自動車事故にまつわるサスペンスなんですが、これが内輪な題材の割には意外によく出来ていて。録音された音 ...

1967年初出 赤塚不二雄竹書房文庫 全21巻ギャグマンガの祖にして大看板、赤塚先生の代表作とも言えるシリーズですが、実は天才バカボンで笑ったことは私は一度もありません。 ほんとにバカだ、と呆れるんですけど、それがどうしても笑いの感情につながらない。 笑える、 ...

アメリカ 2014監督 クリント・イーストウッド原作 クリス・カイルアメリカでは戦争映画の興行成績をぬりかえたほど大ヒットした作品ですが、それってやっぱり、アメリカという国の現在が今どうなっているのか、その世情ゆえの出来事なのでは、と私は思ったりしました。実 ...

1976年初出 石ノ森章太郎竹書房文庫 全4巻ギルガメッシュ叙事詩をモチーフに描かれたSF。本筋から逸れて、当時話題になった古代文明の謎や、最先端科学技術の紹介に話を振る傾向がややあり。 古代の遺伝子から復活したクローン兄弟に軟禁される主人公、という序盤の展開は ...

1972年初出 石ノ森章太郎秋田書店サンデーコミックス 全6巻 特撮テレビドラマの原作、と見られがちですが、実は東映の企画が先で、著者はその漫画化を依頼された形。なので純粋に石ノ森作品、と言うわけではないんですね。 しかも本作、著者はネームと下書きを担当しただ ...

フランス/アメリカ 1976監督 ロマン・ポランスキー脚本 ロマン・ポランスキー、ジェラール・ブラッシュポランスキー自らが主演をつとめた狂気がテーマの心理スリラー。どこか「反撥」と似たような印象を私は持ちましたね。多分キャロルとトレルコフスキーは置き換え可。こ ...

1966年初出 石ノ森章太郎小学館文庫 1~2巻(全10巻) 非常に良くできた連作時代劇だと思います。 佐武と市のキャラも立ってるし、ミステリ仕立てのストーリーも当時の時代背景や風俗を上手に取り入れて、本格志向。時代劇におけるバディものとしては出色の出来だと舌を巻 ...

1967年初出 石ノ森章太郎中公コミック文庫 全4巻009とタイトルにありますが、サイボーグ009と直接的な関係はありません。さしずめジェームズボンドの007をもじった、ってなところでしょうか。主人公は肉体をサイボーグ化した女スパイ。近未来を舞台に、秘密諜報部00機関の ...

オーストラリア 2014監督 スピエリッグ・ブラザース原作 ロバート・A・ハイラインまあその、すごく簡単に言っちゃうならタイムパトロールのお話なんですけど、え、これは一体どこへ向かおうとしているの、と、一切の予測を許さない緊張感は充分にありました。特に序盤、ジ ...

1969年初出 石ノ森章太郎竹書房文庫  全5巻リュウシリーズ第三弾未来編。カタストロフ後の未来の地球に不時着した主人公宇宙パイロットが、変貌してしまった地球でなんとか生きていこうとするドラマを描いた本格SF。 舞台設定は猿の惑星そのままだったりするんですが、肝 ...

↑このページのトップヘ