2001年初出 井上淳哉
ワニブックスGUMコミックス 1~2巻(全12巻)



学園もので妖怪退治もの。
 
伝奇アクション風なお膳立てだけでやっていくのではなくて、まだまだ物語は世界の深遠へと、ここからふくらんでいきますよ、ってな感じの内容ですが、残念ながら一切の意外性なし。
 
その意外性のなさにどこまでつきあえるか、と言うことでしょう、結局は。
 
終盤の方の巻をチラチラ立ち読みしたところ、なんだかもうハルマゲドンな、妖怪大戦争みたいなありさまになっていたので、多分2巻までの段階で判断するのは早計なんでしょうけど、そういう展開にストーリーを誘導すること自体が予測の範疇であって、手垢だと思うわけです、私は。
 
まあ掲載紙の性格からして、特定の層にターゲットを絞った作品だと思われるので、その特定の層な方々で楽しまれればいいと思う。

ティーン向き、でしょうか。



comic
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote