2006年初出 伊藤静
講談社モーニングKC 全2巻



ちょっと不思議なヒューマンドラマ、とでも喧伝されそうな内容。

おもしろくなかった、ってなわけじゃないんですが、要は物語の落とし所をどこにするかの問題で、人と人とのつながりとか優しさとかあったかさとか、あまり声高にアピールされちゃうとですね、ひねたオッサンとしちゃあいささか気恥ずかしくなってくるわけです、やはり。
 
昔「死神くん」って漫画がありましたが、対象を低年齢層にするか大人にするかだけの違いで、やってることはほぼ同じと言っていいでしょうね。

結局異形の存在を人間の善悪の尺度で全部量っちゃう都合の良さに、私はひっかかってるのかもしれません。

心優しいファンタジー路線にケチをつけるつもりはないんですが、あえて今こういうマンガをじっくり堪能したい、という気持ちにはどうしてもなれず。

児童文学がお好きな方とかははまるかもしれません。



comic