2005年初版 佐藤大輔/伊藤悠
集英社ウルトラジャンプコミックス 1~2巻(全5巻)



小説のコミカライズ。

佐藤大輔による原作は読んだことがないんですが、まあおおむね想像を裏切らぬ架空戦記ものかな、と。
 
剣牙虎を操る日本軍の独立部隊と言う設定はSFファンタジーっぽくておもしろい、と思ったんですが、そこ以外で特にひかれる部分はなし。
 
実は架空戦記もの、ってあんまり好みじゃないんですよね。

好みじゃないのになぜ読んだのか?というと、漫画ならでは、ウルトラジャンプならではのギミックがあるのでは、と思ったから。

とりあえず、伊藤悠という漫画家が高い力量を持つ人である、ということはわかった。

あと、漫画とはいえ、やっぱり嗜好はいかんともしがたい、というのもわかった。

原作者とのトラブルで5巻にて打ち切り、との噂がネットでは流れてますが、それが事実なのかどうかは不明。

どうであれ、私は2巻で頓挫。

作者オリジナルの作品が読んでみたい、とは思いましたね。

話題になった作品なんで、お好きな方にとっては響くものがあるシリーズなんでしょう、きっと。

ちょっと守備範囲の外側すぎて評する言葉が出てこないですね、面目ない。



comic
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote