1989年初出 伊藤潤二
朝日ソノラマハロウィン少女コミック館



<収録短編>
地下室
首幻想
シナリオどおりの恋
リ・アニメーターの剣
写真

「富江」シリーズが2作と「押切異談」シリーズの第1作目を収録。

まだ絵柄は安定してませんが、富江はとどまるところをしらずどんどん怪物化してます。

どこまでいくんだこれ、って感じ。

抑えておくべきはやはり「首幻想」でしょうね。

押切君を狂言回しとした怪異譚なわけですが、死体がどんどん長くなっていく(意味がわからないとは思いますが)などというプロットでここまで薄気味悪いなんて、ほんと伊藤潤二にしかできないと思います。

少しでも匙加減を間違えてたらこれ、そのままギャグですよ、マジで。

作者ならではの奇想が少しづつ芽吹き始めてる印象。

伝奇アクション風な「リ・アニメーターの剣」もファンなら注目ですかね。

私の知る限り伊藤潤二の短編で、かように少年漫画みたいな作風なのはこの一編だけ。

徐々にエンジン温まってきてる、ってな感触ですね。



comic