1991初出 伊藤潤二
朝日ソノラマハロウィン少女コミック館



<収録短編>
楽しい夏休み
薄命
侵入者
寒気
案山子
楽しい冬休み

作者の作風においてもうひとつの機軸といえるホラーギャグ路線の作品「双一シリーズ」が初収録。

ただ、個人的には伊藤潤二のホラーギャグって、私はあんまり好きじゃないんですね。

そもそもが笑いと紙一重な部分も包含してるのが伊藤潤二のホラーだから。

そこは楳図かずおの「アゲイン」や「まことちゃん」ほど真逆な印象を与えるものでは決してない。

結局匙加減が少し違うだけでやってることはそう変わらないんです。

早い話が笑えない。

単にゆるいホラーとしか思えないんですね。

収録作品の中で出色なのはやはり「案山子」でしょう。

「薄命」の奇妙な味わいも捨てがたいですが、「案山子」のぶっ飛んだ着想は作者ならでは。

押切異談シリーズも一編収録されてますが、まあ可もなく不可もなく、といったところ。

最初と最後が双一シリーズという収録順なので、この単行本、なんとなく怖さにひたれないといった印象は残りますね。 



comic