1992年初出 伊藤潤二
朝日ソノラマハロウィン少女コミック館



<収録短編>
遺書
路地裏
押切異談
ファッションモデル
双一の楽しい日記
双一の家庭訪問

押切異談シリーズが1篇と、双一シリーズが2編収録。

双一シリーズは以前書いたようにあんまり好みじゃないんで特に言及することもなし。

押切シリーズは異次元をテーマにパラレルなストーリーが前話から続いてる感じですが、作者が描くと異次元がなんでこんなに気味悪くなるのか、と。

出色なのはやはり「路地裏」でしょうね。

これは怖い。

シチュエーションが怖い。

日常のすぐ隣に潜む狂気を見事あぶりだした傑作。

「ファッションモデル」もキャラのとんでもなさ及びデザインの強烈さが脳裏に焼きつく快作。

もうどうみてもクリーチャーなんだけど、それをモデルと言い張る発想がもうギャグなのかスプラッターなのかわからなくなってくるあたりが伊藤潤二ならでは。 

ファッションモデル淵は反響が大きかったのか、後の作品でも登場します。



comic