1993年初出 伊藤潤二
朝日ソノラマハロウィン少女コミック館



<収録短編>
超自然転校生
うめく排水管
双一の誕生日
富江・復讐

「超自然転校生」も悪くはないんですが、やはり表題作「うめく排水管」につきるでしょうね。

排水管にストーカーが潜む、ってどこのデタラメなSFなんだよ、って話なんですが、これがちゃんとホラーとして成立してるんだからホント恐れ入る。

潔癖症な一家を素材としたのもうまい。

対比がいやらしさ、おぞましさを増幅。

そんな落とし方をするの?と仰天なオチも見事。

たしかこの短編、映画にもなったはず。

今回の富江は一時期のクリーチャー化からちょっと落ち着いて正当に化物路線ですが、しみじみと薄気味悪くて良。

この頃の作品集はどれに手を出してもハズレなしですね。



comic