1995年初出 伊藤潤二
朝日ソノラマハロウィン少女コミック館



<収録短編>
双一の勝手な呪い
四重壁の部屋
棺桶


1冊まるごと双一シリーズのみ収録。

しかしまあ継続は力なり、というか、ここまで続くと奇妙な味が出てくる、というか、あんまり好きなシリーズじゃないことは以前にも書いたかと思うんですが、それでも「悪くないな」と思える域にまでホラーギャグなりに達してきているような気はします。

元々双一がお好きな方にとっては何を言ってるんだこいつ、ってなものでしょうけど。

出色はやはり「四重壁の部屋」でしょうね。

奇想というより思いつきといった方がいいのかもしれませんが、このわけのわからなさはやっぱり伊藤潤二ならではだと思います。

表題作「棺桶」もすっとぼけたオチがスラップスティックでいい感じ。

「噂」はかつて強烈なインパクトを残したファッションモデル淵がゲスト出演してて、なんとも小憎い。

そう使うのか!と私は思わず膝を打ちましたね。

シリーズの到達点たる1冊じゃないでしょうか。

私のように、双一はあまり・・・と言う人でも比較的楽しめる1冊だと思います。



comic