1997年初出 伊藤潤二
朝日ソノラマ眠れぬ夜の奇妙な話コミックス



作者の著作の中でも数少ない長編。

街の四つ辻に忽然と現れる黒服の美少年に、近隣在住の少女たちが根こそぎ狂わされていく話ですが、ちょっと何を描きたかったのかよくわからない、ってのはあります。

四つ辻の少年を悪意の偶像として西洋風な悪魔奇譚に仕立て上げたかったのか、それとも単に作者流の都市伝説がやりたかったのか。

「何」で怖がらせようとしてるのか、その核となるべきものがわかりづらいんで、どうしてもその場しのぎでストーリーが進んでいくように感じられてならないんですよね。

ありていに言うなら物語に求心力がない。

この先どうなるんだろう、と興味をひかれるものがない。

とはいえ、そこは腐っても伊藤潤二ですんで例えその場しのぎだろうと1話1話の忌まわしさ、おぞましさは飛び抜けたものがあったりはするんですが。

2話に出てくる「悩む女」なんてもうやばすぎて未だに記憶に残ってたりしますし。

結局、長編向きじゃない、ということなのかもしれません。

物語の断片は底の見えない黒々しさがあって魅力的なんですが、トータルで全体をまとめ上げる統率力がないし、ラストもオチてない。

微妙にしくじってる、というのが私の感想ですね。

ちなみに本作は後に完全版と称した加筆増補版が朝日新聞出版から発売されてます。

作者もうまくまとめられなかった、と自覚していたのかもしれません。

私は完全版、未読なんですけどね。



comic