つい先日、京都府南丹市にある、るり渓自然公園に行ってきました。



201706071839

どうも最近、人里離れた山奥でのんびりしたい、という欲求が強くて。

ウェブによると、この公園、園部川が高原の斜面を侵食してできた長さ4キロメートルの渓谷に歩道を敷設したもの、とのこと。

昭和7年、名勝に指定されたとか。

下流域ではキャンプやバーベキューもできるみたい。

とりあえず上流目指して、てくてく歩きます。

201706071850

大丈夫なのか、この家?ってな古民家を右手にやりすごすと・・。

201706071853

物見台のようなものがあったので、行ってみる。

201706071855

庭園のような趣ですな。

201706071857

マイナスイオンが出まくってる感じ。

201706071900

うん、まあ普通に河っちゃー河です。

渓流ってほど高低差も、水の流れに勢いもないですね。

201706071903

201706070904

201706071905

201706071906

201706071908

201706071909

巨大な岩盤の上を水が滑り落ちてるようにも見える。

201706071911

201706071912

201706071913

201706071915

あちこちに看板が立ってて、それぞれ「玉走盤」だの「水晶廉」だの「掃雲峰」だの、すごい名前が書いてあるんですが、それが何を指しているのか皆目わからん。

201706071926

201706071946

これが「双龍滝」であるというのはわかった。

201706071928

静かで幽玄とした雰囲気もあってね、ああ、いいところだなあ、と思ったんですが、私の写真の腕ではそれが伝えられんわ、すまん。

まあ、基本河と自然しかない、といえばそうなんですけどね。

あれ?

201706071931

201706071949


201706071933

水止めに行き止まった。

ここ、サンショウウオが生息してるらしいからずーっと、水の中に目を凝らしてたんですけどね、あー、発見できなかったなあ。

201706071936

水止めを乗り越えると・・・。

201706071938

湖だった。

通天湖。

湖の水が放流されてできた渓谷だったのか。

あれ?ひょっとして今回まるで見どころなしですか?

本人がリフレッシュしただけで終わってますか、この記事?やべえ・・・。

201706071950

ご家族連れでお出かけもいいんじゃないでしょうか。

湖のそばに巨大温泉施設もありますしね。

いかん、観光案内みたいになってきた。

とりあえず今回はここまで。

うーん、また会おうっ!そう、あの山奥でっ!アディオス!



shorttrip1