6月の初めぐらいに大文字山に登ってきました。

201706242034

五山の送り火で有名な京都市東山区に位置する山です。

201706242028

燃えるとこんな感じ。

毎年お盆ぐらいに市内6箇所の山が順次点火されていきますよね。


201706242040

私が登ったのは地図右端の「大」。

銀閣寺周辺に登山口があるらしいんですが、自宅との位置関係を考慮して山科区毘沙門堂の脇道から頂上を目指すことにする。

201706242048

JR山科駅の路線下をくぐる通路。

201706242050

ものすげえ昭和感。

崩れて生き埋めになったりしないだろうな。

歩いて毘沙門堂を目指します。

201706242052

閑静な住宅街をうねうねと抜けると・・・。

201706242055

西の突端に毘沙門堂。

201706242056

201706242057

紅葉のシーズンはなにもかもが赤一色で染まり、素晴らしい景観らしいんですが、そのような人がわんさと集まる時期に私が足を運ぶはずもなく。

201706242059

毘沙門堂を右手にやりすごし、脇道をてくてくと歩きます。

201706242101

竹林の奥にピンク色が咲き誇るなにか。

季節的に桜じゃないと思うんですが、多分近くまで行って見たところでなんなのかわからんと思うので歩を先に進めることにする。

201706242105

勾配はそれほど急じゃないし、道幅も広いのでサクサク登れますが、なんか倒木が多くて荒れちょる。

201706242108

だんだん道幅が狭くなってきます。

201706242110

分岐にこのような標識が貼りつけてあった。

親切。

もちろん近道、急坂をチョイス。

201706242113

ほんまに「急坂」やし。

天をあおぐわし。

実は結構足腰にきてます。

ふざけた自撮りなんざしてる余裕はなかったりします。

したけど。

201706242117

あ、ちょっと平坦な道になったかな、と思いきや・・・。

201706242119

まだまだ続きますねん、登り坂。

201706242122

この時の私の心情をもっとも的確に表現した1枚。

「倒れかけ」。

201706242124

着きました、大文字山頂上。

201706242125

京都市内を一望。

思ってたより遠かった。

201706242127

ここから「火床」へと向かいます。

行けるのか、俺。

2へ続く



shorttrip1