途中経過はかなり端折ってます。

もう写真撮ってる余力がなくて。

201706242140

頂上からひたすら下っていくと、急に開けた感じに。

201706242139

着きました、火床。

201706242142

201706242143

201706242145

201706242146

201706242147

一体何がどのようになれば、この下駄の歯の群れみたいな巨石群が「大」の文字になるのかさっぱりわからん。

201706242151

さて、帰りをどうするか、だよ。

来た道を引き返すのは絶対イヤ、と膝関節と大殿筋がダダをこねちょる。

遭難しそうな気がしなくもないので、そのまま道なりに銀閣寺方面に下山することにする。

201706242155

どこやねん、ここ。

201706242157

どう見ても哲学の小径って感じじゃない。

201706242159

スマホでおおよその位置が確認できたので、とりあえず地下鉄の駅目指して歩くことにする。

201706242201

あら、なにやら雅やかな、と思ったら。

201706242203

南禅寺だった。

三門(重要文化財)。

はからずも観光名所めぐりに。

201706242207

いかにも京都らしい路地を抜けていくと。

201706242208

琵琶湖疏水計画の名残、水路閣風のレンガ作りが。

ちょっと興味が湧いてきたので上に登ってみる。

201706242215

明治時代に運用されてたインクラインの痕跡がまだ残ってます。

201706242220

高低差がきつすぎて船で琵琶湖疏水を遡上することができなかったものだから、不可能な区間だけ鉄道で船ごと運搬した、という巨大事業がインクライン。

201706242226

周辺をうろうろしてたらガコガコ音を立てて稼働してるメカメカしい何かがあった。

201706242229

南禅寺のすぐそばにむき出しで巨大な配管、ってのがなんかすごい。

新旧混交。

これ、パイプの直径1メール50から2メートルぐらいはあったと思う。

201706242233

琵琶湖からガンガン水を送ってるんでしょうな。

201706242235

疎水沿いに上流へと歩いてみる。

201706242239

行き止まった。

疎水はトンネルの向こうへ。

仕方ないので地下鉄に乗って山科駅へ。

201706242242

毘沙門堂のすぐ近くにある東山自然緑地公園。

ここで再び地上を流れる疎水を見ることができます。

201706242250

201706242251

さらに上流へと歩を進める。

201706242254

遊歩道が整備されてます。

201706242255

疎水トンネルの試作品が道端に埋まってた。

201706242257

やはり、やっとくべきかと。

やれ!って言われてる気がして・・・。

201706242311


201706242259

ずーっと続いてます。

が、もう力尽きた。

前方にそびえる山は比叡山じゃねえのか?あれ?

また山に登るのかよ!死ぬわ!

ということで今回はここまで。

山登ってる時間より寄り道のほうが長かったような気がします。

精根尽き果てました。

さて、次はどこに行こうか。

201706242303

道中に居たブサイクな猫。



shorttrip1