2002年初出 伊藤潤二/木原浩勝、中山市朗
メディアファクトリーMFコミックス



<収録短編>
隣の女
草音
墓相
海岸
ふたりぼっち
朱の円

現代百物語「新耳袋」を底本とし、ミミと言う名の少女が体験する連作怪異譚として改変、漫画化された短編集。

新耳袋は私も好きなんで全部読んでますが、もう言われなきゃわからないぐらいまるで別物に生まれ変わってます。

ゆるぐことなく伊藤潤二。

原作があってすら、ここまで各話を自分の色に染め上げるのかと舌を巻くことしきり。

やはり突出してるのは「隣の女」「ふたりぼっち」「朱の円」あたりですかね。

特に「朱の円」の得体のしれなさときたら、もう半端じゃなし

脚色の見事さの勝利、その一言ですね。

「墓相」なんてお得意のホラーギャグになっちゃってますし。

こと、ホラーに関しては、何をやらせても手がつけられない感じですね。

オリジナル短編集だと思って読んで問題ないと思います。

ある意味、広義の怪談としては新耳袋を超えてるんじゃないか、とすら思わせる一冊。

買って損なし。



comic