予定では遊園地を冷やかした後、生駒市を散策するつもりだったんですが、1で書いたようにはからずもスカイライン終点までの料金を支払ってしまったんで、信貴山門ゲートを目指してそのまま南下することにする。

201708101931

途中にぽつん、とあった電話ボックス。

スカイラインは歩行者通行禁止やなかったんかいっ!

ちゅーか、これ、夜に走行してて誰かがここで電話かけてたらかなり怖いだろうな。

アクセルを一気に踏み込む自信がある。

201708101935

電話ボックスのすぐ側から身を乗り出して道路下を望むと、なにやら石畳の敷き詰められた険道があった。

標識によるとこれが「暗峠(くらがりとうげ)」らしい。

どう見ても車はすれ違えない、と思うのだけど、なんとこの道、国道308号線なんだとか。

日本の道100選にも選ばれているらしいのだけど、この道路を有名にしているのは道幅の狭さより、その勾配の凄まじさ。

最大傾斜角度48.7%を誇る急坂が数キロに渡って延々続くらしい。

サイクラーの転倒続出、車やバイクでも坂の途中でオーバーヒートするケースが後を絶たないとか。

どんな坂道やねん!

自車でチャレンジしてみたい気持ちがむくむくと湧き上がってくるが、残念ながら信貴生駒スカイラインから暗峠にアクセスするための出口は存在しないんですよね。

201708102001

無理矢理ガードレールを乗り越えて、暗峠に降り立ってみた。

どうやらこの場所が峠の頂上らしい。

201708102005

反対側。

写真に写ってるガードレールが信貴生駒スカイライン。

「すえひろ」でお茶していこうかな、とふと思ったが、道路に放置してる自分の車が心配で断念。

201708102010

車に戻る途中で一台のスーパーカブがフラフラしながら峠を登ってきた。

写真じゃよくわからないかもしれませんが、運転者、バイクなのに腰を浮かせて自転車の立ちこぎみたいな状態。

カブでもスイスイ登れないのか?!この道!

話、膨らませてんじゃねえの?とちょっと思ってたが、この様子を見る限りでは急すぎる坂道ってのはマジっぽいな。

余談ですが昔はここを参勤交代の行列が通ってたらしいです。

正気じゃねえ。

201708102021

暗峠を後にしてさらに進むと「夫婦岩」の標識。

まあ、せっかくだから寄ってはみますけどね。

201708102023

ある程度予想はしていたが、まあ岩だ。

つい最近笠置山うろうろしてきた私がこの程度で、ほお、確かに夫婦だね、とでも言うと思ったか!

ええ?おい!(誰に怒ってるんだ私は)

201708102029

全力で独り身のオッサンを拒絶してるネーミングのなにかがふいに現れた。

201708102035

うん、わかります、この建造物のことですね?

多分、行っちゃあいけないんですよね?ええもう、それぐらいは私ほど薄汚れてくると気配で察知できます。

足を踏み入れた途端、浮きまくってる自分に凄まじく後悔するパターンですよね、あはっ。

201708102044

でも行くけどな!

あー、一番高いところになにやらカップル風のお二人がー。


201708102047

すいません、すぐ帰りますから。

ちょっとだけお邪魔します、ほんのちょっとだけ。

201708102049

なんじゃこの意味不明のモニュメントは。

201708102056

あっ・・・・(ものすごく高速で色んなことを考えてる)。


し、しまった!愛の鍵を用意してくるのを忘れたっ!

どこで売ってるんだ?近所のホームセンターか?

つーか、くぐるのはどうあがいたところで私一人なんだけど、その場合「いいこと」はどうなるんだっ?


・・・・・・・えーと、もう引き返したほうがいいぞ、俺。

すっとぼけたネタをパソコンの前で繰ってる自分がなんか辛くなってきた。

・・・・まだ続きます、すいません。

<続く>



shorttrip1