ジョンロード、と言えばDEEP PURPLEなわけですが、実は私、あんまりDEEP PURPLEって詳しくありません。

代表的なアルバムをちょっとつまみ食いしたぐらい。

非常に有名なキーボードプレイヤーですが、私の感触ではバロックに傾倒したハモンドオルガンの名手、といった印象です。

これまで書き綴ったプログレ黎明期のキーボードプレイヤーに比べたら、そのプレイスタイルは控え目で、決してバンドの演奏を阻害しないものであるように思えます。

私がジョンロードのプレイで好きなのは、 DEEP PURPLEで一番好きな曲でもある、child in timeですかね、やっぱり。

 

パープルファンな方々からしたら、お前は全然わかってない、と噴飯ものなことを書いているような気もしますが、私、イアンギランのヒステリックな唱法があんまり好きになれないんですよね。

あ、でもパープルのファーストアルバムとか、混沌としてて私、好きでした。

 

hushよく聴いてたんですけど、よく考えたらこれ、パープルの曲じゃないですね。

ただジョンロードのプレイ、と言う意味ではギラン加入前の方が奔放だったように思います。

ちなみに後のホワイトスネイクでの活躍は、ほとんど記憶に残っていません。

fool for your lovingしか聴いたことないんですよね。

総じて寡黙な職人、というイメージがあります。

ロックにおけるハモンドオルガンの第一人者、というポジションがもしあるのなら、この人のための称号かもしれない、と思ったりはします。
 


music