韓国 2012
監督、脚本 キム・ギドク



ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した作品。

さすがのキム・ギドク、安定の1本、と言う感じですかね。

普通におもしろい。

実はそんなに目新しい印象のあるシナリオでもないんです。

日本の70年代的なドラマツルギーが香る、というのもありましたし。

謎の母親の正体も思ったとおりでしたし。

ただクライマックスでですね、母親役であるミソンに監督は凄いセリフを吐かせるんです。

この一言で私のボルテージは一気に急上昇しましたね。

一転、先の読めない展開に手に汗握る状態。

セーターの行方の描き方や、主人公ジョンジンの末路も予想外に衝撃的で見事の一言。

ラスト10数分の緊張感が半端じゃありません。

これだけのものを1週間程度で撮ってしまうとは・・・・と、ただただ脱帽です。

いつもながらにエキセントリックではありますが、おさえておくべき1本だと思います。

つっつきたい所もあるんですけどね、やっぱり傑作、でしょうね。

唸らされちゃったもんなあ。

ちなみにちょっと泣きすぎではありますが、チョ・ミンスの演技が凄いです。

それだけでも見る価値あり。





movie