香港 1991
監督 ジミーウォン
脚本 リーホクン



いやもう一体何から書いていいのか、つっこみどころが満載すぎて見当もつきません。

オカルトホラー+カンフーアクション、といったところでしょうかね。

カンボジアの古代神が出てくるあたり、伝奇ホラーと言ってもいいかもしれませんが、まあどうでもいいですね、そんなことは。

一番困るのはですね、どうやら製作者はこれを真面目に撮っているらしい、という点です。

とても90年代の作品とは思えません。

どう贔屓目に見ても70年代のB級怪奇派テレビドラマ。

もう特殊効果や映像処理が恐ろしく安っぽくて。

ストーリーも黎明期の少年漫画並みのゆるさですし。

とりあえずなぜ大学教授役のドニーイェンがああも無敵の武術家なんだ、と。

どの世界にマシンガンを連射する大学教授がいるのか、と。

まあそれを百歩譲ってですね、ドニーの格闘シーン、楽しもうじゃないか、と。

・・・・・・でもそこにはあんまり時間が割かれていなかったりする。

どうしろというのだ、と。

珍作の一言。



movie