1949年初出 手塚治虫



人造人間の悲劇を描いたSF長編。

フリッツラングのメトロポリス(映画)とは全く無関係です。

掘りさげるなら、テーマは「地底国の怪人」とかぶってます。

当時は結構ヒットした作品らしいですが、今読むと初期の作品の中では一番質は低いかも、と思わなくはありません。

シナリオ構成にも難があるような気がします。

ちょっと借り物が多すぎるような感触も。

後にりんたろう監督、大友克洋脚本で大胆に改変され、劇場アニメ化されていますが、なぜこの作品なんだ、というのが正直な感想。

ひょっとすると、リアルタイムで読んでいた少年たちにとっては、当時、手塚治虫の描く未来世界がとてつもなく衝撃的だった、という事なのかもしれません。

そこは21世紀の再読ではどうしてもわからない部分。

私には語ることのできぬ作品なのかもしれません。




comic