1956~61年初出 手塚治虫



主に当時の少年サンデーや冒険王に掲載された短編を集めたものですが、これが意外によくできていてビックリ。

特に1巻に収録された短編はどれもSFマインドにあふれていてストーリーにフックがあり、発表年代や掲載誌を考えると驚きの完成度だと思います。
 
特に「2から2を消せば2」「最後は君だ」「宇宙からのSOS」等、素晴らしいと思う。

不思議なのは2巻で、これタイトルとは裏腹にSFは一作もなし。

1巻が「SF」で2巻が「ミックス」ってことなのでしょうか?

好みの問題なのかも知れませんが、2巻だけ妙に古くさく感じられました。
 
個人的には1巻のみ、思わぬ収穫でしたね。




comic