アメリカ 1985
監督、脚本 ジョージAロメロ



ロメロによるゾンビ3部作の第3弾。

地球全土がゾンビで覆い尽くされた近未来、巨大な地下墓地で生き延びるべく葛藤する軍関係者と科学者達の姿を描いた作品。

1作目から共通するキャラとか1人も出てこないんですが、時間軸は同一線上を進んでいるようにも思えます。

何もかもがスケールアップしていることは確かですね。

地下墓地を取り囲むフェンスにへばりつく無数のゾンビの絵も凄いんですが、個人ではなく、組織の対立から生ずる極限のサバイバルドラマもこれまでになく大局的で見応えあり。

グロな描写もこれまで以上に鬼盛り。

飛びます、内臓。

生きたままぶちぶち引きちぎられて食われちゃいます。

前作撮影時より技術が進歩した分、妙に惨殺シーンがリアルで、これ湯気が漂ってるんじゃないか、と私は錯覚を起こしそうになりました。

興味深かったのは、やや理性の残るゾンビを飼いならそう、とする科学者が描かれていたことで、ひょっとして監督はゾンビと共生する未来を最終的には描こうとしてるのかあ、と手に汗握ったのですが、本作ではそこまで言及されることはなし。

後年、それをやったのがひょっとしたらゾンビーノなのかもしれません。

前作と同等以上に楽しめる作品だと思います。

ただですね、ラストシーンがちょっと拍子抜けな感じではあるんですね。

あ、なんだか投げちゃった、と私の目には写った。

ゾンビと人類の比率が入れ替わって、生物の頂点に立てなくなった人類の行く末をきっちり描いて欲しかった、という欲はやっぱりありますね。

邦題があいかわらずあれなんですけど、そこらのチープなB級ホラーとは一線を画す作品なのは間違いないんで、是非一気に3部作を、とオススメする次第です。





movie