1957年初出 手塚治虫



今はなき平凡に連載された大人向け漫画。

とはいえ劇画登場以前の作品ですんで、ハードな筆致や描写はありません。
 
後の「フースケ」あたりの作品と同系統の作風。
 
南極からやってきたオングル族の娘がなれない都会でまきおこすドタバタを描いたナンセンスコメディーですが、まあ適当と言えば適当で、時代を鑑みればそれも仕方のないことなのかも知れないなあ、と思ったりもします。

こういうのは別に手塚先生じゃなくても・・・って感じですね。

「週間探偵」併録。




comic