アメリカ 2011
監督 ドリュー・ゴダート
脚本 ドリュー・ゴダート、ジョス・ウェドン



アメリカンホラーの黄金律「阿呆な若者のグループが人里はなれた山荘で乱痴気騒ぎの末、皆殺し」を逆手にとって、あっといわせたのが本作。

いわゆる、定番の導入部をテレビカメラ越しに観察するスーツにネクタイ姿の人たちという絵、は非常に斬新だったと思います。

え、これなんの映画と、混乱させられる感覚が新鮮でした。

結局、若者達を窮地においやった意図はなんだったのか、その真相はいささか少年漫画チックにダークファンタジーなオチだったりもするんですが、まあ、悪くはないです。

なんの冒険もせずに焼きなおしを恥じぬ作品よりはずっといい。

とりあえずシガニーウィーバーをあの役でキャスティングしたのは大正解だった、と思います。

まあ、おもしろいんだけど、最後までついていけるかなあ、と不安だった終盤の展開が、彼女の登場でぐっ、と締まった。

ラスト、風呂敷を広げすぎ、と思わなくもなかったですが、奇抜な発想は光っていたように思います。

従来のホラーを思わぬ角度から錯視してみせた快作でしょうね。





movie