アメリカ 1980
監督、脚本 ブライアン・デ・パルマ



いきなりオープニングは奥様のシャワーシーン。

なんのポルノか、といいたくなるような舐めるようなカメラの動きはこのころのデ・パルマならでは、か。

私がおおっ、っと思ったのは奥様が美術館で落した手袋を探して、見知らぬ男を追いかけるシーン。

全くセリフはないんです。

でも流麗なカメラワークが観客を全くあきさせないんですよね。

動きを止めないカメラがするすると最後に、タクシーのドアの窓にぴたっ、と止った瞬間、私は見事!と唸ってしまいました。

さすがデ・パルマ、の一言。

で、肝心のシナリオなんですが、まあ、作品の知名度の割にはチープだったりします。

意外な人物が犯人ではあるんですが、それが「まさかお前だったとは・・・・」とはならず、「お前だったのかよ!」と、思わずつっこんでしまうタイプのオチ。

まあその、あまりに伏線ゼロ、というか。

ちょっと無理がないか、と私は思ったりしました。

エンディングも安いホラーのよう。

デ・パルマファンにとってははずせない作品だと思いますが、個人的にはもっと素晴らしい作品をこの人は他に撮ってる、と思う次第。

サイコのオマージュ、と言われてますが、その線で軟着陸させておくのがまあ座りがいいか、といった感じですね。





movie