1970年初出 手塚治虫



作品のテーマ、シナリオ構成とも、後に発表される「鉄の旋律」と非常に似通ったものがあり、違いがあるとすればこちらの方がいささか救いがあるか、ってことぐらい。

ああこりゃ低迷期の作品だなあ、って感じです。

何故同じネタを2度やったのか、よくわかりませんが先生、お忙しすぎたんでしょうね、きっと。




comic