アメリカ 1973
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 ブライアン・デ・パルマ、ルイザ・ローズ



オープニングからして非常に薄気味悪いです。

これ、生理的に大丈夫なのか私?と不安にさせるものがあったりするんですが、一転、物語序盤は芸能界の底辺で生きるスターの卵のラブアフェアってな感じでやや拍子抜け。

今でいうストーカーの話?と勘違いしそうに。

突然、ストーリーが動き出すのは中盤から。

いきなりかよ!って思わずつっこみたくなるような虐殺シーンが見るものを震え上がらせます。

偶然の目撃者が奔走するシーンと、ダニエルが元夫と証拠隠しにあわてるシーンの分割画面はデパルマならではで、緊迫感たっぷり。

両方気になるんですけど、これ両方追えないよ!って、なったりもするんですけど。

ただ振り返るならですね、なんで元夫はダニエルをもっともよく知っていながら、彼女をここまで自由にさせてるの?という疑問が残ったりはするんですね。

事件の後のダニエルの豹変ぶりも納得いかないものがあったり。

サスペンスとホラーの狭間で双方を成立させようとした歪みの産物かもしれません。

多くの方が言ってるように白眉はやはりシャム双生児を外科手術するシーンの狂気じみた幻覚的演出でしょうね。

これはなまじっかなセンスで撮れるもんじゃないと思う。

突き詰めるなら、失われたもう一人の自分から解放されることのなかった哀れな女の悲劇と、そんな女に恋してしまった男の痛ましい末路を描いた作品なわけですが、もう少し果敢にダニエルの内面に切り込んで欲しかった、という欲はあります。

そこがはっきりしないので、単に見世物小屋的なグロテスクさばかりが強調されてしまった印象はありますね。

ただそれも、作中で登場人物の1人であるライフの記者が言った「人は変わったものをみたいんだ」というセリフに集約されてしまうのかもしれませんが。

とりあえず強烈なインパクトがあるのは確かです。

忘れられないなにかが記憶に残っちゃいますね。

余談ですが、この作品のテーマを完結させたのが萩尾望都の「半神」かな、と思ったりもしました。





movie