アメリカ 1997
監督 ジャン=ピエール・ジュネ
脚本 ジョス・ウェドン



ええっ?あのジュネがエイリアン?と当時は仰天したものですが、いや、よくがんばったよ、と、今あらためて見てもですね、つくづく思いますね。

やっぱりエイリアンの世界観ってジュネの流儀じゃないように私は思うんです。

この手のSFスリラーですら、ニヤニヤ笑いながら毒まみれで皮肉っちゃうのがやっぱりジュネのそれまでだったように思いますし。

そういう意味で監督らしさはほとんどありません。

独特の赤茶けた色合いの絵作りや、宇宙船なのにどこかゴシックな雰囲気はまさにジュネですが、ほんとそれだけ。

ジュネ作品のおなじみの顔ぶれ、ドミニク・ピノンやロン・パールマンが出演していたのはうれしい誤算でしたが、キャラがザ・アメリカって感じで、過去出演作のように愉快に大騒ぎしてくれるわけでもないですし。

やっぱり私はデリカテッセンのマッドブッチャーがエイリアンに追いかけられて大慌て、ぐらいの無茶苦茶ぶりがみたかった、というのが正直なところ。

もうそれ、別の映画ですけどね。

ただそういった従来のファンのニーズを考慮に入れないならですね、ジュネ監督はちゃんとこのシリーズに何が求められているかを考えて、自分なりに譲歩した末のプロの仕事を全うしたように私は思います。

そもそもが無茶な企画だと思うんです。

だって前作でリプリーはラストシーン、ああなっちゃったわけですから。

どう考えたってスムーズに納得のいく続編が作れるはずがない。

引き受けるにはリスクの大きい作品だったと思うんですよ。

そこを投げることなく、ここまでの水準で撮ってみせたのはやはり並みの監督ではできない仕事だったのでは、と私は感じます。

とりあえず彼女がエイリアンとのハイブリッドで復活、としたシナリオはうまかった。

リプリーの存在自体の意味合いが変わってきますからね。

水中を泳ぐエイリアン、という絵も斬新だったと思う。

ラスボスはちょっとやりすぎか、と思いましたが、どう退治するかの工夫に唸らされた、というのはありましたし。

ジュネだと考えると色々ややこしくなっちゃう部分はありますが、シリーズの1作としては相応に期待に答えた出来だと思います。

ちなみにウィノナ・ライダーが実にかわいいです。

個人的には3より好きですね。





movie