1974~77年初出 手塚治虫



月刊少年マガジンに連載された「変身」をテーマにした連作短編。
 
突出した一作は特になかったりもするんですが、「すべていつわりの家」や「おけさのひょう六」の出来はなかなかのもの。

先生らしい一冊。

安心して読める安定感があるなあ、とは思いました。

少年漫画なのに円熟味がある、と表現してもいいかもしれません。

多分本作が先生最後の短編集になるのでは、と思います。




comic