1974年初出 手塚治虫



タイトルからして凄いことになってるんですが、やはりこれは「日本沈没」のもじり?などと思ったりもするわけです。
 
高一コースに連載された、死後の世界をテーマに幽霊の存在を解き明かそうとする一作なんですが、いやはや支離滅裂。
 
正直これはちょっとひどいと思う。
 
死後の世界に戦争があって円盤が飛んで収容所って、何故これを死後の世界とする必要があるのか、という話であって。

落とし所として、なにか別の構想があったのでは、という気もするんですが、そこまでたどり着いていないんですね。 

うーん、失敗作でしょうね。

ま、こういう作品もありますってことで。




comic