1978年初出 松本零士
講談社マガジンKC 全4巻



松本スターシステムではおなじみのエメラルダスが主人公のシリーズ。
 
しかしまあハーロックといいエメラルダスといい、意志の硬い頑固一徹な青少年に手を貸す、というか、なにくれとなく世話をやくのが本当に好きである。
 
本作もほとんどが海野広という少年のストーリー。

エメラルダス本人の過去はあまり語られていない。

ハーロックもそういえばそうだったわけですが。
 
というかハーロックとエメラルダス、性別は違うが、ほとんどキャラは同じなのであえて差別化する必要もないのでは、と思うのだが、やっぱりそりゃダメなんでしょうね。
 
そもそもエメラルダスと言う存在の目的意識というか宇宙を航海する理由が曖昧模糊としていてよくわからないので、物語自体もさしたるベクトルや求心力を持たないままどこか他人事だ。

ふわふわと漂うように現在と過去を行き来して断片的なままなんとなく尻すぼみで終息。

いや、未完なのかこれは?ひょっとして?
 
評価の難しい作品。
 
ファンは一読の価値ありでしょうが、通読してもエメラルダスと言うキャラのことがよくわかるわけではないのが辛いところ。

死に場所を求めているのか、なんてうがった見方も出来そうですが、うーん、わかりません。




comic