1991年初出 松本零士
小学館ビッグコミックス



著者が見た夢をエッセイ風に綴った一作。
 
もちろんこの場合の夢とは将来的にこうしたい、ああしたい、という夢ではなく、眠っているときに見る、言葉通りの「夢」。
 
あまりにもたわいないというか、だからどうしたんだというか、ああそうなんですか、と相づちを打つしかないというか、なんの感想ももてない、ってのが正直なところですかね。

だってオチも考察もなにもないんです。

こういうのが芸になるのは水木しげるだけだと思う次第。

色々無謀すぎます、先生。




comic