アメリカ 1981
監督、脚本 ブライアン・デ・パルマ



80年代のデパルマ作品の中では最高に好きな1本。

映画の音響係をつとめる主人公が、効果音を録音中、偶然出くわした自動車事故にまつわるサスペンスなんですが、これが内輪な題材の割には意外によく出来ていて。

録音された音をたよりに、事件は少しづつその真相に近づいていくという展開なんですが、いささか地味ながら、シナリオ構成が余計な寄り道をせずブレないのに好印象。

今回はお得意のお色気も控え目に、トータルの整合性を考えたのかな、などと邪推したり。

若き日のジョン・トラボルタもがんばってます。

脱ディスコキングを意識したのか、落ちついた演技です。

特筆すべきはなんといってもエンディング。

ジャックが見上げた空に次々と打ち上げられる花火のシーンは鳥肌もの。

終わりが終わりなだけに、その哀しみの鮮やかさが際立ちます。

サリーがちょっとおバカなんだけど、いい子だから余計に胸に迫ってくるんですよね。

これぞデパルマ、と大きく膝を打つこと間違いなし。

ラストシーンも恐ろしく皮肉が利いていて良し。

このエンディングを撮った、という事だけで見る価値のある1本だと思います。

歳月を経ても記憶に残ってる数少ない作品のうちのひとつ。





movie