フランス/イギリス 1979
監督 ロマン・ポランスキー
原作 トーマス・ハーディー



イギリスの文豪トーマスハーディーの「ターバヴィル家のテス」を映画化した文芸大作。

19世紀末イギリスの農村地帯を舞台に、貧農の娘として産まれたテスの数奇な恋を描いた作品ですが、とにかくナスターシャーキンスキーの美しさに釘付け、ですね。

どんな貧しい身なりをしていてもベールの隙間からのぞく端正な顔立ちは、その都度はっとさせられるものがあります。

そう見えるように撮ったポランスキーの手腕こそ評価されるべきかもしれませんが。

牧歌的な風景とテスの象徴的な対比もいいし、数々の衣装もさすがアカデミー賞を受賞しただけあって素晴らしい。

約3時間、と長丁場な作品ですが、絵的には申し分ない、と私は思いました。

で、肝心のシナリオなんですが、ちょっと駆け足気味かな、と。

テスがダーバビル家の放蕩息子に翻弄されて私生児を身ごもることになる展開とか、もっとディープな描写があってもいいのでは、と思うんですね。

エンジェルと恋に落ちる展開もそう。

なぜテスがエンジェルをああも好きになったのか、それがよく見えてこない。

なんとなくダイジェスト風に、さらっと経過をつまんで流しちゃうんです。

え、ポランスキー、ラブロマンス苦手なのか?と私はかんぐったりしてしまいました。

もうこれ以上は長く出来ない、という編集上の判断だったのかもしれませんけど。

ただ、そこをテンポよくやり過ごしちゃったせいで、テスの人物像というか、実は何を考えているのか、若干ぼやけてしまった、というのはあると思います。

故に後半の展開も、どこか感情移入しにくい、というのはあった。

描かれているのは貞淑な貞操観念がもたらす悲劇、みたいなものですが、エンジェルにしてもテスにしても、その愚かさはイーブンか、と邪推できてしまうのがこの作品の、どこか「届いていない」点かもしれません。

個人的には文芸とメロドラマ、そのギリギリのラインを行く作品だ、と思いましたね。

3時間でも足りなかった、と言うのが真相かもしれませんが。

ポランスキーらしくない、と感じたりもしましたが、亡くした妻、シャロンテートに捧げた作品ということを鑑みるなら、そこは観客の想像が及ぶ範囲ではないのかもしれません。

シャロンの面影をひたすらキンスキーに重ねた、それがすべてなのかもなあ、なんて考えたりもしましたね。





movie