1974年初出 水木しげる
ぱる出版 



突如太陽が姿を隠し、闇に包まれてしまった地球で、太陽を取り戻すべく「ユニコンの鏡」を求めて地獄へと向かう12人の子供達と水木しげるのオカルトファンタジー。

そうです、なぜかこの作品、水木しげる先生ご本人がキャラとして結構重要な役割で漫画に登場するのです。

オープニングはなんだかもう、とてつもなく壮大で、水木版ハルマゲンを描こうというのか、という勢いなんですが、途中でおなじみ鬼太郎が登場。

え?なぜ鬼太郎、と戸惑うも、あれよあれよと物語はいつもの鬼太郎妖怪退治の韻を踏むパターンへ。

前半の緊張感はどこへ、といった感じで、半ばグダグダなまま終盤、12人の子供は一体なんだったんだよ、最初と話が違うじゃないかよ、と憤るも、大日如来降臨で終幕。

いやもういつもどうりといえばいつもどうりなんですけど、なんだか脱力。

この本って、上記リンクとは違って私が購入した当時は「ゲゲゲの鬼太郎」のサブタイトルがなかったんですよ。

なのでついつい別のなにかを期待しちゃった、というか。

13年より刊行された全集以前はこの作品を鬼太郎のシリーズに組み込んでいる単行本もありませんでしたし。

西洋と東洋の妖怪に加え仏教やらキリスト教やらの入り混じる、独特の地獄巡りを描いた作品と言う意味では興味深いですが、鬼太郎のセオリーから逸脱していない、と言う意味で、あまり期待するのはよろしくないかもしれません。

ファンは満足かと思いますが。




comic