1970年初出 藤子不二雄A
中公文庫 全14巻



いやはやすごいタイトルなわけです。

まんが道・・・・・・。

子供の頃の私ですら、これはなにか違う、と思ったぐらいですから、そのインパクトに心肝を寒からしめた方々もきっと大勢居たはず。

ストーリーは藤子不二雄の二人のアマチュア時代からデビュー、トキワ荘時代を描いた自叙伝的内容なんですが、 今考えると36歳でこれを描く、というのはちょっと早すぎやしないか藤子A先生、と思ったりもするわけです。

大体自叙伝とか回顧録とかって、一線を退いた書き手が晩年にやるのがセオリーでは、と思うんですね。

なんでしょう、不惑を前にしてもうやりきった感があったんでしょうか、A先生。

漫画というメディアの素晴らしさ、その現場の凄まじさがこれでもか、と描写されてますんで、本作を読んで感化された青少年も多い、と聞きますが、私は世代的にちょっと伝わりにくいものもあった。

あまりに神格化された手塚治虫像についていけなかった、というのもありましたし。

今あらためて読むとまた感じ方も違ったりするんですが、じゃあこれがおもしろいのか、というと微妙なところ。

とても興味深い内容ではあるんです。

でもそれが物語としてカタルシスを得られるか、というとやっぱりどこか平坦なんですね。

本人の手による伝説のトキワ荘を知ることが出来る、と言う意味では貴重か、と思いますが、やっぱりこれはコアな漫画ファン向けでは、と思ったりもします。

余談ですが続編のタイトルも凄まじいです。

本当にもう、どこへ行こうと言うのか、藤子A先生・・・・・・。




comic