AARDVARK 1970 イギリス



ギターレス4人編成による鍵盤ロックバンド。

いかにもプログレ、といった型にとらわれぬ縦横無尽なプレイをキーボードが聴かせる、というわけではなく、どちらかといえばアンサンブル重視タイプ。

とはいえ楽曲はなかなか多彩です。

ブルージーでアクの強い曲があるかと思えば、ジャジーなアプローチもあり、荘厳な大曲もある、といったカラフルな内容。

有象無象のユーロロック勢の中にあって、メロディセンスはなかなかのものがあると思います。

この1枚で消えたバンドですが、思わぬ掘り出し物的一品といっていいのではないでしょうか。

この時代のイギリスの音が好きな人なら、しくじった、とは思わないはず。

マニアのための1枚に堕さぬ魅力があると感じました。



music