アメリカ 1990
監督 ブライアン・デ・パルマ
原作 トム・ウルフ



アメリカでベストセラーになったトムウルフの小説の映画化。

原作を滅茶苦茶にした、と本国では酷評の嵐だったそうですが、小説そのものを読んでないのでそのあたり、さっぱりわかりません。

とりあえずキャストはすごいです。

ブルースウィリスにトムハンクスにメラニーグリフィス、ときた。

いかにもハリウッド大作、ってな感じですが、肝心の中味も作家性より話題性を念頭に置いた王道を行く作りといっていいのではないでしょうか。

広く万人にアピールできるものを心がけました、って按配。

とはいえそれなりに緊張感はありますし、オープニングの長回しは、ならではだ、と思ったりもするんですが、なんといいますか、デパルマなのにあまりに真っ当でさっぱりいかがわしくないってのが、私にはどうしても退屈。

とりあえずトムハンクス、ウォール街のエリートトレーダーのくせにメンタル弱すぎです。

メラニーグリフィスのお色気攻撃ですら、なんだか商売でそういう風に演じてるプロの女風に見えてしまうのはどういうわけか。

シリアスさが意図しない部分でコメディ化しちゃってるような気もしました。

私が一番冷めたのはエンディング、モーガンフリーマンの独白。

とても黒人街であまたの犯罪を裁いてきた判事とは思えぬ優等生な説教に、ああ、こういう落とし所で感動させたかったわけね、とテンション急下降。

現実に即したトラブルを描きながら、結末が全然現実的じゃないというファンタジックな有様に、ためいきひとつ。

うーん、私には肌があいません。

これまで見たデパルマのカタログの中では一番しらけてしまった作品かも。





movie