1981年初出 永井豪
秋田書店チャンピオンコミックス



タイトルは言わずと知れた「ワイルド7」のもじり。

「あばしり一家」をもう一度、ってな内容なんですが、これがどうも冴えない。

お色気コメディでバイオレンスもあり、ってな従来の作風が80年代と言う時代にそぐわなくなった、というのはあったと思います。
 
どう考えてもあばしり一家の方がおもしろい、ってのも確かですし。
 
著者のコメディの場合、時代にそぐわなくなるのが恐ろしく早かった気がします。
 
それこそ一夜明けたらもうみんな変わってた、ぐらいに。

今改めて読むと「家族」をテーマにしたアクションやサスペンスって、昨今のハリウッドが好んで映画化してますから、それほどずれているとも思わないのですが、やっぱり時代が悪かったんでしょうね。

どんどん漫画自体がスタイリッシュに、垢抜けしたものに変わろうとしていた頃でしたし。

ファン向けでしょうね。



comic