1997年初出 永井豪
講談社モーニングKC 1~3巻(全17巻)



いや、マンなのにレディーって、おかしいだろ!どっちなんだよ!ってつっこんだ人が全国に何人ぐらい居たのかわかりませんが、何故これをデビルマン・アナザーバーストとかデビルマン・ネクストエンドとかダークサイドとか、まあなんでもいいんですけど、他のタイトルに出来なかったのか、と。

誰も止めずに編集部まで容認してしまった、というのが不思議でなりません。

内容はデビルマンにおける主人公を男女入れ替えてもう一度、ってな感じなんですが、やはりですね、デビルマンを読んでいて本を持つ手が震えた少年時代を過ごした人間としては、これは辛いです。

私にとって手塚治虫の火の鳥とデビルマンはほとんど聖域であり、不可侵領域ですんで、たとえ著者本人といえど、そこにうかつに踏み込んできてほしくはないわけです。

それが焼き直しとはいえ、よく出来ていたにせよ。

3巻で頓挫。

私はこの作品を評する言葉を持ちません。

余談ですが、モーニングKC版と文庫版ではエンディングが違うらしいです。

興味のある方は読み比べてみては?



comic