アメリカ 1996
監督 ブライアン・デ・パルマ



ご存知「スパイ大作戦」のリメイク劇場版。

なぜこれをデパルマが?と、当時は思ったんですが、今もやっぱり違和感があったり。

しかしこのシリーズがまさか2015年まで続くとは思ってもみませんでしたね。

なんだかんだいってトム・クルーズのスター映画だった、って解釈があらためて正しいような気もしてきます。

とりあえず、往年のスパイ大作戦らしさ、みたいなものはとても希薄だと思うんです。

デパルマも自分の流儀でサスペンスタッチに仕上げてますし。

ただ、そのサスペンスタッチが、求められている派手なアクションとの融合、という部分で精彩さを欠いた印象を私は受けました。

前半の演出からするなら、最後はもっと、あっ、と言わされても良かった。

なんかもう全部トムに任しておけばいいんだよ、みたいな物語の操縦が後半やけに目立って幾分興ざめ。

ファンにはたまらないシリーズかと思いますが、私はどこかすっきりしませんでした。

デパルマは無難にプロの仕事をした、と言うのは言いすぎでしょうかね。





movie