1981年初版 山上たつひこ
秋田書店少年チャンピオンコミックス



山上流ホームドラマ、といった感じでしょうか。

どことなく天才バカボンや、古谷三敏の諸作を思い起こさせる家族ものギャグなんですが、そこはまあ山上たつひこなんで、飛ばしっぷりが半端じゃありません。

ばかばかしさも度を越して縦横無尽。

満開の親父のキャラとか私かなり好きなんですけどね、どうも当時はそれほど人気がふるわなかったみたいですね。

この頃の著者の作品は何を読んでもおもしろい、と思うんですが、どうなんでしょう、ファン贔屓ですかね。

作画スタイルもほぼ完成しつつあるように思います。

ボケが二人にツッコミが二人という珍しいパターンの設定だったんで、もう少し続いて欲しかったですね。




comic