アメリカ/カナダ 2005
監督 デヴィッド・クローネンバーグ
原作 ジョン・ワグナー、ヴィンス・ロック



なにゆえクローネンバーグがこのような作品を?と当時は首をかしげた一品。

今なら(2015年現在)ジェイソン・ステイサムとかリーアム・ニーソンあたりが主役を務めたらばっちりはまりそう。

良きパパが実は過去、悪逆非道な殺し屋だった、って作品なんですが、プロットはともかくとして私が気になったのは、クローネンバーグにしてはあまりにも作品のタッチがアメリカ的なこと。

息子がいじめられっ子な設定なんてまさにハリウッド。

興行収入の冴えない作品ばかり撮り続けてどうにもならなくなり、ついに魂を売ったか、なんて邪推したりもしました。

いや、知らないんですけど。

まあ、監督らしい描写もないわけではないんです。

過剰に痛さの伝わるグロな暴力シーンや、日常と同じ目線で描かれるラブシーン、特に階段で情交をかわす展開なんて、ここでこの場面を持ってくるのか、と唸らされたりもしました。
 
でもやっぱりどこか違和感があるんですよね。

ヴィゴ・モーテンセンをヒロイズムで染め上げなかったのはさすがだ、と思いましたが、暴力の先に見えてくるものがないんです。

かいかぶりすぎなのかもしれませんが、暴力なんて手段であって、本質ではない、とするのがクローネンバーグじゃないのか、と私は思ったりするわけです。

特にラストシーン、こんな薄甘いところに着地するような人じゃないだろあんた、って、思わずつっこみそうになった。

あの瞬間に映像をぶった切って、暗転、エンドロールを流したのはさすがだと感じましたが。

私にとっては幾分戸惑ってしまう作品ですね。

何に興味をひかれてこの作品を撮ろうと思ったのか、ご本人に聞いてみたいところ。

余談ですが、エド・ハリス、強烈に存在感があって最高です。





movie