1988初版 石川賢
朝日ソノラマサンコミックファイターシリーズ



天変地異により廃墟と化した関東で、拳が音速を超えて敵を爆烈させる世紀末救世主の活躍を描いたSFバイオレンス・・・って、バイオレンスジャック+北斗の拳やんけ!と、マニアすらも巻き込んで怒号のつっこみが聞こえてきそうな頭の痛い一作。

主人公が僧侶だったり、敵が信長だったり、妙に仏教的世界観を引用してたりと、石川賢らしさはあるんですが、じゃあおもしろいのか、と問われると、はい、とはさすがに返事できないわけです。

掲載誌が途中で休刊してしまったので、ストーリーもこれから、というところで未完になっているんですが、たちが悪いのはこの作品がのちの虚無戦記シリーズに組み込まれてしまったこと。

ファンとしちゃあ、読まないわけにはいかないじゃないですか。

箸にも棒にもひっかからぬ、と言うのが正直なところなんですが、凡打も多いのが石川賢なんで、そこはもうあれだ、こういうものもあった、ということでそっと本棚の片隅に眠らせておくのが正解でしょう。

熱烈なファン向けです。



comic