1967年初出 ムロタニツネ象
朝日ソノラマサンワイドコミックス



知る人ぞ知る恐怖漫画として名高い一作。
 
いやはや凄いです。
 
なにが凄いってまず地獄くんのデザインが完全に向こう側にいっちゃててとんでもない、ってのはあるんですが、それよりもですね、ひょっとしたら第二の鬼太郎になれたかもしれない物語性を作者の感性で狂気ただようカオスな怪奇ものにしてしまった、ってのが一番凄い。

とりあえず、地獄くん、正義感はやたら強いんです。
 
やたら強いんですが、地獄くんの顔、所作を見ているともうそんなことどうでもいいから私をおうちに返して!と理性すっ飛ばして叫びたくなってくる。
 
人物より異郷な背景や人外の存在の描写の方がやたら力がはいってるあたり、水木先生の影響は大きいのだろうなあ、と思ったりもするんですが、本作を読んでいると水木漫画の絶妙なバランス感覚を逆に再評価できたりもして、もう、どうにもこうにも。
 
併録されている人形地獄も強烈。

いちいち社会正義に憤るのが玉に瑕ではあるんですが、この世あらざる世界のイマジネーションにはとんでもないものがあります。
 
現代漫画にはない毒々しさ忌まわしさを満喫できる奇書。
 
ちなみにQJマンガ選書版 は幻の第6話が収録されていますが、人形地獄は未収録。



comic