アメリカ 1976
監督、脚本 ジョン・カーペンター



なんだかカーペンターの後のフィルモグラフィーよりシナリオ構成がちゃんとしてないか?と思ったのは私の錯覚でしょうか。

1人引越しの後始末を頼まれた警察官と偶然拘置されていた犯罪者が、襲い繰る暴徒から身を隠し、ろくに武器もない警察署で篭城、決死の攻防を交わす様を描いた作品なんですが、なにゆえそのようなシチュエーションに陥る羽目になったか、というストーリー運びがですね、異様にうまいんですよね。

バラバラだったはずの糸が一点に収束するように山場へとつながる筋立ては見事の一言。

生き残るために警官と犯罪者がしかたなく手をとりあい、敵に立ち向かう展開もいい。

いやそりゃね、この手の呉越同舟はどうしたって胸踊りますって。

「リオ・ブラボー」を現代を舞台に焼きなおした作品らしいんですが、なんでもありな西部劇をここまで緻密に破綻なく再構築できたら立派なものだと思います。

唯一ひっかかったのは、完全に巻き込まれただけの少女の父親があまりにも役立たずで、これ、もうちょっとなんらかの役割をふってやることはできなかったのか、と思える点なんですが、痛快だったんで忘れることにします。

欲を言うなら、エンディングでさらにもう一盛り上がりするようなドラマがあれば、名作、と絶賛することもやぶさかではなかったんですが、それでもですね、日本未公開なのが信じられない良作であることは間違いないです。

ガイ・リッチーとか好きな人ははまるかも。

カーペンターファンは必見ですね。






movie