1971年初出 石川球太
大田出版QJマンガ選書



60~70年代、動物漫画で人気を博した著者がSFに挑んだ異色作。

アイディア自体は単純きわまりないんです。
 
ある日突然、1人のサラリーマンが巨大化してしまったら・・。
 
たったこれだけ。
 
しかしたったこれだけのことが、いったいどのような出来事を、地域、街、最終的には日本に巻き起こすことになるか、という事を多角的、現実的にきちんと検証、架空の物語として成立させているのがこの作品の凄いところ。
 
人間が巨大化すると、いったい一日でどれぐらいの量の食べ物が必要で、どれぐらいの量の排泄物を垂れ流すのか、といったあたりを、きちんと数値化しているのにも感心した。

つまりはファンタジーでも寓話でもない、ということ。

ばかばかしい設定ながら、シナリオにごまかしがないのでいつのまにかぐいぐいストーリーにひきこまれていく。
 
しかも本作、ウルトラマン等の巨大ヒーローものに対するアンチテーゼとして思いついた、と言うのだから全く恐れいります。
 
やはり強烈なインパクトを残すのはエンディング。
 
このあまりにシビアなラストシーンは一部の少年少女達にとって怒りの対象であり、またトラウマとなったことでしょう。

しかしながらこれこそがリアルだと思う。
 
本当に救いが無くてやりきれない気持ちになるが、それゆえ強く印象に残ります。
 
漫画史に埋もれさせてしまうには惜しい傑作。

現在、amazonで結構凄い値段がついてますが、一時期何故かダイソー100円コミック全2巻で発売されてました。

今でもあるんですかね。

進撃の巨人の先鞭、といってもいいのでは、と思ったりもしたんですが、それはちょっと違うか、失礼。 



comic